座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆ヨセフには、兄弟たちだとわかったが、

2017年01月04日 17時08分18秒 | 聖書
彼らにはヨセフだとはわからなかった。(創世四二・八)
感謝なことに、私たちが主をわずか知るよりはるか前に、主の私たちを知る知識は、すでに完全なものであった。「あなたの目は胎児の私を見られ、あなたの書物にすべてが、書きしるされました。私のために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに。」この世に生まれる以前に、私たちは主の心の中に生きていた。私たちが主に敵対していた時に、主は私たちを知り、私たちの悲惨と狂暴と邪悪を知っておられた。私たちが失望し、悔い改めの涙をさめざめと流し、主をさばき主、支配者として見た時に、主は私たちを愛する兄弟としてご覧になり、みこころを動かされた。主はご自分がお選びになった者を決して忘れず、いつもご自分の無限の愛の対象としてご覧になる。
「主はご自分に属する者を知っておられる」ことは、放蕩息子にも、食卓に着く子どもたちにも与えられている。しかし、ああ、私たちはなんと王である兄について知らないことだろう。この無知が無数の罪を生む。私たちは主に対して心を閉ざし、主が心の中に入られるのを拒否する。主を疑い、主のことばを信じないのである。私たちは主に背き、喜んで服従することをしなかった。義の太陽は輝いている。しかし、私たちはそれを見ることができなかった。天は地に下った。しかし地はそれを知らなかった。だが、神はほむべきかな。私たちにとってこのような時は過ぎ去ったのだ。しかし今も、主の私たちに関する知識に比べれば、私たちがイエスを知る知識はきわめて少なく、ごくわずかを知り始めたにすぎない。けれども、主は私たちを知り尽くしておられる。主の側に無知がなかったことは幸いである。主に無知があったとすれば、私たちに望みはなかった。主は私たちに「わたしはあなたがたを全然知らない」と言われない。
主は、再びおいでになる日に、私たちの名を公表される。しかし、それまでにもご自身を世に対しては現されず、私たちに現してくださるのである。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『主の使いは彼に言った。「... | トップ | 1月4日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事