座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆神はあらかじめ定めた人々をさらに召し……。

2016年10月11日 16時25分19秒 | 聖書
(ローマ八・三〇)
テモテヘの手紙第二、一章九節には「神は私たちを救い、また、聖なる招きをもって召してくださいました」と記されている。ここに、私たちの召しを試す試金石がある。それは、「私たちのわざによるのではなく、神ご自身の計画と恵みによる聖なる招き」である。
この召しは、私たちの救いに関して、自らの行為に頼ることを全く禁じ、自分の救いのためにキリストにのみ導く。さらに、救われた後、私たちが生けるまことの神に仕えるために、私たちの死んだわざを取り除く。あなたを召された方は聖なる方であるから、あなたも聖くなければならない。もしあなたが罪のうちに生活しているなら、あなたは召されているのではない。しかし、あなたが真にキリストのものとなっているなら、次のように言うことができよう。「私にとって罪ほど苦しいものはない。私は罪を取り除きたい。主よ。私を助けて聖くしてください」と。これがあなたの心のあえぎであろうか。そして神に対する、神のみこころに対する態度であろうか。
ピリピ人への手紙三章一三、一四節には「キリスト・イエスにおいて上に召してくださる神」について記されている。あなたの召しは、上への召しであろうか。それはあなたの心を高め、天上の事柄にあなたの心を置いたか。またあなたの希望、趣味、願望を高めてきたか。あなたの生活の不断の調子を高め、神と共に、神のために生きるようにさせたか。
さらにもう一つのテストがある。それは「天の召しにあずかっている」かどうかである。天の召しとは、天よりの召しを意味する。あなたの召しは神から来たものか。そして天への召しであるか。地では旅人であり、天があなたの故郷でなければ、天の召しを受けたとは言えない。なぜなら、召された者は、神の不動の礎をもつ都を待ち望み、自らは地において旅人であることを断言するからである。
あなたの召しは、このような聖なる、上への、また天の召しであるか。では、愛する友よ。あなたは神に召されたのである。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「3年間引き続いてききんが... | トップ | 10月11日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。