座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

詩篇37篇12-13節

2017年05月11日 06時35分20秒 | 聖書


37:12 悪者は正しい者に敵対して事を図り、歯ぎしりして彼に向かう。
37:13 主は彼を笑われる。彼の日が迫っているのをご覧になるから。


主の御心に逆らって歩む人たちは、主の御心に熱心に従って歩もうとする人々を苦しめたり、また馬鹿にすることがあります。

それは自分たちの考えと違っていたり、自分たちが求める歩みに従わないと言った理由や、自分たちの求めを実現するために邪魔になると思える事などによります。

そしてそのような時、彼らは「自分たちは勝利者である」と思うのかも知れません。

 しかし、こうした人々が、主にある人々を苦しめてその結果、自分たちは勝ったと思ったとしても、天におられて、すべてのことを見ておられる主は、その人々を笑いたもうと言うのです。

なぜなら、その人々は単なる人に過ぎないのであって、その命は自分で維持しているのではなく、主が握っておられるからです。

しかも、主はこの悪を行う人々を喜ばれないで、彼らを裁かれるからです。

主こそが、すべてのものの真の支配者であられるのです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« マタイ9章2節 | トップ | ◆見よ。わたしは、世の終わり... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。