座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆いのちの泉はあなたにあり……。

2016年10月16日 15時49分40秒 | 聖書
(詩篇三六・九)
私たちの信仰上の経験において、人の助言も、同情も、聖礼典も、私たちを慰め助けないことがある。なぜ私たちのあわれみ深い神が、このことを許しておられるのであろうか。おそらく、私たちが神を無視して生活しているので、私たちが習慣的に頼りにしているものをすべて取り去って、ご自身のもとに引き寄せようとなさるのであろう。泉の源において生きることはすばらしい。自分の皮袋に水が満ちている時、私たちはハガルやイシュマエルのように満足して荒野に行くが、水が渇いてしまうと、「あなたはエル・ロイ(ご覧になる神)」と言うほかに慰めをもたない。
私たちは放蕩息子のように、豚小屋を愛して父の家を忘れている。記憶せよ。私たちは宗教上の儀式からさえ、豚小屋やいなご豆を作り出せる。宗教上の儀式はよいものだが、私たちがそれを神の位置に置く時、それは全く無価値なものとなる。どんなものでも、それが私たちを神から隔てる時、それは偶像になる。青銅の蛇すら、もし私たちがそれを神の代わりに拝むならば、ネフシュタンとして軽蔑されるベきである。
放蕩息子は、父の胸に追い込まれた時が最も安全であった。なぜなら、それ以外の場所では食べるにも困ったからである。主は私たちに、さらにご自身を求めさせるために、私たちの国に飢きんをもたらされる。クリスチャンにとって最上の状態は、神の恵みに全面的に直接により頼んで生活している時である、すなわち「何も持たないようでも、すべてのものを持っています」との最初の立場にいる時である。
私たちは片時たりとも、自らの立場が自己の聖潔、禁欲、徳、感情にあるなどとは考えないようにしよう。そうではなく、キリストが全き贖いをしてくださったゆえに、私たちが救われていることを知ろうではないか。主にあって私たちは完全だからである。自分に頼るべきは何ものもなく、ただイエスのいさおしにのみ私たちは憩う。主のご苦難と聖いご生涯が、私たちの確かな基盤である。愛する友よ。渇きを覚える時、私たちは必ず、熱心にいのちの泉を求めるようになる。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私は園で、あなたの声を聞... | トップ | 10月16日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。