座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

詩篇44篇4-8節

2017年06月14日 09時26分53秒 | 聖書


44:6 私は私の弓にたよりません。私の剣も私を救いません。
44:7 しかしあなたは、敵から私たちを救い、私たちを憎む者らをはずかしめなさいました。
44:8 私たちはいつも神によって誇りました。また、あなたの御名をとこしえにほめたたえます。


ここでは「弓」や「剣」のことを語っています。

これは、この世の力のことです。

今で言うと、お金や名誉や地位も、そのうちに入ることでしょう。

しかし作者は、「私はそのようなものに頼りません。」と語っています。

自分が頼るところ、それは「あなたです」と語っています。

彼は、神様と神様の力により頼んでいくと言っています。

彼は、この主と主の力に寄り頼むことによって、自分たちの敵や、自分たちを憎む者の手から救い出されてきたことを経験していました。

こうして自分たちは「いつも」主を誇り、また主を褒め讃えて歩みますと語っているのです。

主により頼むことこそが真の助けであり、また真の力であるのです。

主にある者にとって、いつでもどこでも主に信頼して歩むことが、歩みの力の基なのです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 1コリント15章31節 | トップ | ◆主をおのれの喜びとせよ。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。