座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「しかし私たちがまだ罪人であったとき、

2017年06月22日 17時42分36秒 | 聖書

キリストが私たちのために死んでくださった・・」(ローマ5:8)

もし、あなたが夜更かしして、うっかり朝寝坊し、毎日しているデボーションができなかった場合、どうだろう。
落ち込むだろうか。何かとがめて、意気消沈し「ああ、今日は祝福されない1日になる」と思うだろうか。

これは大きな間違いだ。もし、デボーションできなかったとしても、神の、あなたへの愛や恵み、慈しみは決して変わらない。
「決して」だ。デボーションできなくても、愛していて下さる。
デボーションしたから、愛して下さるのではない。

行ないで受け入れられるのではない。
神の愛を得たいから、愛を貰うために、デボーションをするのではない。
それなら律法だ。主キリストのゆえに、無条件に愛し、あなたそのものを受け入れて下さっている。
裁かれていない、受け入れられているからこそ、「ねばならない」でなく、デボーション「したい」と思う。

日常生活でどうだろう。親切に、相手に対応しようと思うが、ついイライラして、とげとげしくなる。
相手に当たってしまい、悪い態度を取ってしまう。
信仰者にふさわしく歩みたいが、自我が出る。肉に歩んでしまう。

すると自己嫌悪に陥り、又、失敗したと自分を責める。
同じ事を繰り返し、成長が無いと落ち込む。しかし、落ち込む必要はない。
その場ですぐに悔い改めるなら、赦して下さる。
霊的だから、立派だからでなく、どうしようもない「罪人」のために死なれたのだ。
---------------------
取るに足りない罪人のために、神様は十字架という具体的な愛を示された。
この主の愛がわかったから、私達は純粋に主のために何かしたいとの応答ができる。
失敗から学びまた立ち上がろう。 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆決して揺り動かされることの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。