座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆あなたのみおしえを捨てる悪者どものために、

2016年11月02日 16時03分41秒 | 聖書
激しい怒りが私を捕えます。(詩篇一一九・五三)
私のたましいよ。おまえは他人の罪を見て、この聖なる身震いを覚えるだろうか。これがないならば、心の聖さを欠いている。ダビデは周囲にはびこるきよくない行為のゆえに、涙を川のように流した。エレミヤは、イスラエルの不義を嘆くために、泉のような目をもちたいと願った。ロトはソドムの人々の行状を見て心を痛めた。エゼキエルの見た異象の中で、額にしるしをつけられた人々は、エルサレムの忌みきらうべきことのために嘆き、悲しんでいた。
あわれみのあるたましいは、人々が苦労して地獄へ行く様を見て嘆かずにはおられない。彼らは経験によって罪の邪悪さを知っているので、他の者が火に飛び込む虫のように突き進んでいるのを見て驚く。
罪は、すべての人が最も重んじるべき聖い律法を犯すため、義なる者を身震いさせる。
信者は他人の罪を見て恐怖にかられる。彼自身の心の邪悪さを思い起こすからである。信者は、罪を犯す者を見ると、ベルナルドゥスの書いた聖徒のように、「今日は彼が倒れた。明日は私かもしれない」と叫ぶ。
罪は救い主を十字架につけた。したがって、それは信者にとって真に恐れるべきものである。信者は、あらゆる不義の中に釘と槍とを見る。救われたたましいが憎悪を覚えることなく、キリストを殺したのろうべき罪を見ることができようか。
面と向かって神を侮辱することは、恐ろしいことである。善なる神は、よい扱いを受けなければならない。偉大な神はそれを要求される。義なる神はそれを必ず得られる。そうでないと、神は自ら敵に報いられる。目覚めた心は罪のずぶとさを見て打ち震え、その罰を思って立ちすくむ。
私のたましいよ。罪の愚行を笑い、罪自体に微笑を送るようなことは、断じてしてはならない。罪はおまえの敵であり、主の敵である。大いなる憎しみをもって、それを見よ。そうしてこそ、おまえは自らが聖潔の所有者であると証しできる。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「だれでもわたしについて来... | トップ | 11月2日(水)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。