座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

詩篇27篇4-6節

2017年03月30日 06時20分02秒 | 聖書


27:4 私は一つのことを主に願った。私はそれを求めている。私のいのちの日の限り、主の家に住むことを。主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける、そのために。



ダビデには色々な苦しみがありましたので、その度に主に祈り、助けを求めました。

しかし、そうした求めの中で、特に1つのことを主に願ったというのです。

この1つのこととは、自分が一番心から願っていること、それは「私のいのちの日の限り、主の家に住むこと」ということでした。

いのちの限りとは、この地上に生きている間は、ということです。

その間は、主の家に住みたいというのです。

主の家に住むということは、単に神殿にいるということではありません。

そこに住まわれる主との交わりを持ちたいということです。

そしてそこで、「主の麗しさを仰ぎ見、その宮で、思いにふける」ことをしたいというのです。

主の計り知れない恵みを知り、それを思い巡らしたいのです。

なぜなら、これこそが真の喜びの基であるからです。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ローマ人への手紙2章6節 | トップ | ◆彼が…… »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。