座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「お前の弟が来て、だましたのだ。

2016年11月05日 16時40分22秒 | 聖書

そしておまえの祝福を横取りしてしまったのだ」(創世記27:35)

イサクは長男エサウに祝福を与えようと、獲物の料理を持って来るようにと言った。
それを聞いた母リベカは弟ヤコブにその祝福をと、視力の衰えているイサクをだました。

イサクはエサウだと思い込み祝福を与えた。そこにエサウが戻り、事の次第を知った。
イサクは激しく身震いし、エサウは大声で泣き叫んだ。

企みを知ったエサウは怒りでヤコブを殺そうとした。それで家におれず、逃亡し叔父の所へ身を寄せるはめになった。

家族が傷つけ合い、バラバラで、皆が不幸だ。どこに問題があったのか。
イサクは「兄が弟に仕える」との神の御心が示されているに関わらず、自らの肉の思いでエサウを偏愛した。

リベカもヤコブを溺愛し、神を信じ、神の主権のもと、神がされる事を待ち望むのでなく、肉で狡猾に画策し祝福を奪った。

ヤコブも神の計画を信じ、委ねるのでなく、父をだまし、自力で奪い取った。
エサウは長子の権利を豆の煮物と引き換えた。

「長子の権利を売った俗悪な者」彼は長子の権利を軽んじた。皆が神を仰ぎ、神に従うのではなく、自己中心に、肉の思いで動き、招いた結果だ。

親子、夫婦、兄弟関係、皆に亀裂が入り、ぐちゃぐちゃだ。神は大きなご計画の中で、これらすべてを益として行って下さったが、しかし、ここで学べる。

肉で、自分の思いで動くのでなく、神の主権を認めて、神を待ち望み、委ねて歩む事がいかに祝福であり、大切かを。
------------------------
自分の思いで現状を見て行く時、恐れと不安で一杯になる。神様がして下さる・・の視点に立てますように。
起こることの中に神様を見つめて歩めますように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の聖人の記念日 | トップ | ◆主に感謝し、 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。