座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

◆すぐに、彼らは網を捨て置いて従った。

2017年06月20日 16時08分07秒 | 聖書
(マルコ一・一八)
イエスの召しを受けた時、シモンとアンデレはためらうことなくただちに従った。私たちが遅れることなく決断と熱意をもって、聞いたことを常にその場で、あるいは最初のうち適当な時に実行に移そうとするならば、私たちが恵みの手段にあずかることや、良書を読むことは、必ず霊的に豊かな益をもたらすであろう。すぐにパンを食する者は、パンを失うことはない。同様に、教えをすでに実行している者は、その益を奪われるはずはない。多くの読者や聴衆は、実行しようと意図するが、悲しいことに、接ぎ木されていない木のように、決して実を結ばないのである。彼らは待ち、ぐらつき、そのうちに忘れる。まるで霜が降りる夜の池が、日中太陽が照りつけると溶けるが、夜になればすぐにまた凍るのに似ている。
明日こそはというくせ者が、美しい決意を殺し、血で赤く染める。それは愚かな者を殺す修羅場である。私たちはこの『夕ごとに』の小著が、実を結ばない書物にならないように願う。そして、読者が単に読むだけでなく、実行に移してくれるよう祈る。真理を実行することこそ、最も有益な読み方である。
もし読者が本書を読んでいて、何かをすることを心に感じたら、その聖い熱がたましいから去らないうちに、すぐにそれを実行してほしい。主の召しに反抗する心が起こらないうちに、網を捨て置いて、一切の所有物を捨てて従ってほしい。遅廷のために悪魔にチャンスを与えてはならない。機会と熱心がそろっているうちに、急いで実行に移せ。あなた自身の網にとらえられず、世俗の網の目を断ち切って、栄光があなたを召される所へ行け。
著者が記した教えを読者が実行に移そうと決意することは、著者にとって非常な幸福である。著者の収穫は百倍になり、主は、大きな栄誉を受けられるであろう。神がこの短い黙想とあわただしい助言にも、そのような報いを与えてくださいますように。主よ。あなたのしもべの祈りを聞き入れてください。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「・・神の国はあなたがたに... | トップ | 6月20日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。