座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「彼がペニエルを通り過ぎたころ、太陽は彼の上に上ったが、

2017年05月03日 17時06分45秒 | 聖書

彼はそのもものためにびっこをひいていた」(創世記32:31)

ヤコブはその名の通り、人を押しのける者であった。
ずる賢く、自己中心、強欲な者であった。
兄エサウを出し抜いて、父から祝福を奪った。

しかし、神はそんなヤコブを愛し、砕くために、叔父ラバンという更に狡猾な人のもとに置かれた。
主の取り扱いだ。私たちの目の前の対人関係は主のご計画であり、取り扱いであり、私たちを造り変えるためだ。

ヤコブは何度もラバンに騙され、痛い訓練を受けた。騙したヤコブは騙された。
蒔いたものは必ず刈り取る。しかし、知恵にたけたヤコブはそこでも家畜を増やし自分のものとする。
やがて、神の時が来て、故郷へ帰るべき日が来た。

兄エサウの怒りを思い、恐怖で震えた。
ヤコブは、ヤボクの渡しで、夜明けまである人と格闘し、ヤコブはもものつがいをはずされた。
びっこになって、立っている事もできず、杖に寄りかかるヤコブ。
どう見てもヤコブの敗北だ。

しかしその人は「あなたは勝った」と言った。勝ちどころか、打ち負かされた状態だ。
だが、ヤコブのずる賢い、自力に頼る自我の強い肉の力が打ち砕かれた。
生まれつきの力が砕かれる時、神の祝福が溢れ臨む。

ヤコブは人を押しのける者でなく、自力に頼らず、神の祝福によって生きる砕かれた者に変えられた。
神は、ご自身が握られた器を最後まで導かれる。
私たちも主の御手に握られている。
-------------------------
自分の力で歩んで行く者を、神様は、ご自分だけに頼る生き方へと導き返される。
目の前にある思い通りに行かない状況は、祈りを重ねてより頼む時、それは感謝だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆そこにある助け。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

聖書」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。