座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「だれでもわたしについて来たいと思うなら、

2016年11月02日 16時02分45秒 | 聖書

自分を捨て、自分の十字架を負い、そしてわたしについて来なさい」(マタイ16:24)

富んだ青年は、主に従いたいとは思っていたが、自分が愛し、慕う、肉の部分が捨てられず、主から去って行った。

信仰生活とは、どれほど聖書を知っているか、奉仕し、善行をしているか、又、献金しているかではない。
肉の欲望や肉の思いが、主の御心と相容れない事を知り、人間的な思いから離れ、主の喜ばれる事、主に受け入れられる事、主の御心を求めて行く事だ。

「わたしの思いは、あなたがたの思いと異なり」と言われるように、主の御心は、自分の思いと、大幅に異なっている。
主の死の事を聞いたペテロが、そんな事が起こるはずがないと言った時に「下がれ。サタン」と言われた。

「わたしの邪魔をするものだ」と。ペテロの一見主を思う思いは、サタンから来ていて、十字架に敵対していた。

それゆえ「自分を捨て」ない限り、私達は反対方向に間違ってしまう。
なぜなら、人間的な目で見ると、どう見ても目の前の事が正しい、妥当としか見えない。

正しいと思っている自分が、実は肉の中にいるからだ。
正しいとしか見えないので、どこまでも肉の思いで神を信じ、肉の手で神をつかもうとする。
だから、神がわからない。

正しいと思っている自分に頼らなくなった時に、初めて神に出会う。
自分の肉に一切頼らなくなった時に、神を見い出す。盲人や長血の女や姦淫の女のように、何の手段も無い時にこそ、主に出会う。
--------------------------
理解しよう、悟ろうと肉に頼っている自分に気付けるように。
自分の内には、何もない事をを認めながら、主の御心を尋ねて行こう。
肉の思い、捨てるものを主が教えて下さる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日の聖人の記念日 | トップ | ◆あなたのみおしえを捨てる悪... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。