座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「しかし、みこころは一つである。だれがそれを翻すことができようか。

2017年07月29日 15時31分23秒 | 聖書


神はみこころの欲するところを行われる」(ヨブ23:13)

ヨブは、10人の子供たちを失い、家財や家畜、しもべたち、すべての財産を失った。
次にヨブ自身も、全身を悪性の腫物でおおわれ、非常なる苦しみに会った。

しかし、ヨブは、神がご自身が欲する事だけをされ、誰もそれを翻すことができないと信じていた。
神の欲するところは、しばしば私たちの思うところと大きく異なる。

ある時は理解できない事もあるし、納得が行かない事もある。
神は、私たちがたとえ理解できなくても、納得できなくても、従って行く者と訓練されるために、理解を越えた事態を起こされる。

「前へ進んでも、神はおられず、後ろに行っても神を認める事ができない」右に行っても、左に行っても神がおられないと。
余りにも深い試練の中で、時に、どうしてこんな事がと、神がおられるのだろうかと、思ってしまう。

そのような状況の中で、「神は最善をされる」「神にはご計画がある」と信じて、従って行く者と変えられて行く。
疑いや不安、恐れや思い煩いに襲われる。サタンからの火矢が飛び交う。

「しかし、神は、私の行く道を知っておられる」と信じることができる。
神のみこころは一つであり、神のみこころだけが成る。自分の思い通りにならない時、願いと相反する時こそ、信仰が試され、練られ、成長へと導かれる時だ。

---------------
信仰人生で自分の思い通りでない状況にぶつかる。この時こそが信仰の試しだ。
願望通りであり、自分に都合良ければ幾らでも従える。
しかし思い通りでない時こそ、自分の利得のためでなく、神が神であられるゆえに従って行ける恵みの時だ。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「あなたの道を主にゆだねよ。 | トップ | ◆父がわたしにお与えになる者... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。