座間コミニティー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

「そればかりでなく患難さえも喜んでいます。

2017年04月23日 17時58分48秒 | 聖書


それは、患難が忍耐を生み出し、忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を・・」(ローマ4:3)

私たちが望むのは、平穏無事、安全だろうか。
日々の生活が平穏であるように、一生が無事でありたい。安全な所に身を置いていたい。
又、コントロールしていたい。コントロールできないと不安で仕方がない。

しかし、一生、安全で無事平穏であれば、神を求める事は決して無いのではないか。
順風の時は、神無しで生きる。自分の力で生きる事ができて、神が必要無い。
自分にはどうにも出来ない、絶体絶命の困難な中で、初めて神を求める。

私たちの信仰の成長も同様だ。何の問題も無いところで、決して信仰の成長は無い。
愛、喜び、平安、寛容、親切、善意・・これらの実はいつ結ぶのだろう。
目の前に、どうしても愛する事のできない人が置かれて初めて、どれだけ頑張っても愛せない自分を知り、苦悶のどん底で自分の限界を認め、主に明け渡した時に愛が与えられる。

全然喜べない環境、感謝などとてもできない状況に置かれて、喜びを知る。
平安が全く持てない事態、境遇を通らされて真の平安を知る。寛容になれない状況、全く寛容のかけらすら無い自分を知り、寛容にされる。

一つ一つの出来事、状況を通り、自我だけの醜い真の自分を知り、主の品性へと変えられて行く。
窮地に陥り、自分が変えられ、御霊の実が与えられて行く。
患難は望まないが、感謝だ。
------------------------------
患難、試練の中で忍耐できない自分を知り、いかに主に頼っていないかも思い知らされる。
自分の都合のいいような解決しか求めていないなら、痛みにあっている意味がない。
主に明け渡せますように。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おはようございます。 | トップ | ◆さらに私は、御座――そこには... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。