ダンスクリニック Return

それゆけ!!田島歯科

★不動心★ 松井秀喜

2013年01月18日 | お勧め図書

松井秀喜選手が引退。

同年代の憧れ、模倣的存在だったので寂しいですが燃え尽きた現役時代が輝かしいです。

本来持っている才能が、自然に開花したのではなく、周りの人達によって発見され大切に育てられたことが驚きでした。それほど、秀でた才能が周りの教育という才能を持った人達を突き動かしたんでしょう。

野球選手なのに尊敬する人は空海なのが、極めた人の境地でしょうか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★歯ぎしり・食いしばりで歯がしみる??

2012年09月26日 | プロフィール

冷たいもので歯がしみることがありますね。

たいていは虫歯が原因なんですが、虫歯にもなっていない天然歯がしみることがあります

その原因に歯ぎしり・食いしばりが絡んでいることがよくあります。無意識的に行うのでほとんどの方は自覚していません。歯医者さんで指摘されてはじめて気がつくことが多いです。

しみる歯に知覚過敏の塗り薬を2,3回塗ることでかなり改善されますが、それでも良くならないようであれば歯ぎしり予防のマウスピースを就寝時に入れることもあります。

ひどくしみてくる前に検診を受けて予防して行きましょう。

ホームページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★歯茎が下がるのはなぜ?

2012年09月15日 | 田島歯科

歯周病が進むと歯茎が下がってきます。歯茎が下がるため、歯茎が悪くなっているイメージがありますが

実は

歯茎の中のが吸収してきています。

骨は隠れているため見ることはできません。レントゲンを撮影すればその骨の状態を見ることができます。

30歳を過ぎたころから体の抵抗力も下がり、歯周病が忍び寄ってきます。

定期的に歯周病予防のための歯石取り・口腔内ケアをおすすめします。

働き盛り・子育て世代の方々も時々自分を振り返っていただいてケアしてもらえれば歯周病は怖いものではありません。

定期健診で歯医者さんに行ってみよう!

ホームページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★食後スグの歯みがきは歯にダメージを与える!

2012年08月06日 | 田島歯科

食後スグは、口の中が酸性に傾きます!難しく言うとエナメル質が溶け出す臨界PH5.5を下回ります。

となればどうなるか?

その状態で歯みがきすると象牙質を削ってしまいます。

もっと簡単に言うと

歯が削れてしまうということです。

せっかく頑張って磨いた努力が水の泡どころかマイナス効果になってしまいます。

 ならばどうすればいいでしょうか。

簡単です、30分待ってから磨いてもらえれば解決です!

30分経過すると 唾液の力で酸性に傾いた口の中が中性に戻ります。そこまで待ってから歯ブラシすることが重要ポイントになります。

ホームページ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★アスピリン喘息ってなぁに??★

2012年06月18日 | 田島歯科

気管支喘息の患者さんの中で鎮痛消炎薬で喘息発作を起こす方がいます。成人喘息患者さんの10%程度だといわれていますが、死亡例もあり注意が必要です。

気をつけないといけない鎮痛消炎薬は

アスピリン・インドメタシン・イブプロフェン・ロキソプロフェンナトリウム水和物・ジクロフェナクナトリウムなどです。

比較的安全に使える鎮痛消炎薬は

アセトアミノフェン(カロナール)です。

喘息をおこした経験のある方は痛み止めを飲むときはご注意くださいね!

ホームページ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★顎関節症ってどんな病気?

2012年05月11日 | 田島歯科

顎関節症の主な症状には

『口をあけようとすると顎が痛い』

『あごを動かすときに音がする』

『あまり大きく口が開かない』

『急に咬み合わせが変化した』

『あごが閉じない』

の5つの症状が見られます。

その他、顎関節症でみられる症状には

★頭痛・肩凝り・耳鳴り・舌の痛み・味覚の異常・口の乾燥・眼性疲労など・・

が見られます。

ひとつでも当てはまる症状があれば一度、歯科医院でご相談されることをおすすめします。

ホームページ

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

★歯が足りない or 過剰にある場合がある??

2012年04月09日 | 田島歯科

お子様の永久歯がなかなか生えてこない時、とても心配ですよね。

歯が過剰にあると、その歯が本来生えるべき歯の邪魔をして生えてこないことがあります。

また、

本来生えてくるべき歯が、何らかの理由で存在しないといつまでも乳歯が抜けずそのままの状態が続きます。

つまり、

歯の本数が多くても少なくても問題はおきてきます。歯の本数が過剰・欠損するのは、生まれ持っての先天的なものです。

乳歯の生え替りが遅いなど、気になる点があれば歯医者さんで検査してもらいましょう。

ホームページ

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★歯軋りは治るの??

2012年04月04日 | 田島歯科
寝ている時の歯軋り・食いしばりは

体の防御機構の一種と言われています。

日々、生活の中で身体へはいろんなストレスがかかってますよね。
そのストレスを発散するため、食いしばっているということなんです。

つまり、カラダは悲鳴をあげる前に自らストレス解消を行っていることになります。

ということは

歯軋り自体をやめることはできませんし、むしろカラダが楽になるために行っていますのでやめる必要もないのです。

ところが、

歯軋りによって、歯がしみたり・割れたり・顎関節が痛くなると諸刃の刃でカラダにとって良くないものとなります。

こういう症状がみられる方は歯軋り予防のマウスピースを着用し就寝されることをおすすめします。

マウスピースの厚み・硬さ・着用時間等は各個人で違いますので歯医者さんでご相談くださいね。

ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★1歳半のこどもの仕上げ磨きができない・・・

2012年04月02日 | 田島歯科
1歳半検診で、はじめて歯医者さんに口腔内検査をしてもらい
虫歯チェックと仕上げ磨きのチェック。

たいていの方が、お子様の仕上げ磨きは大格闘!!
大暴れするもんだから、ついつい適当になりがちです。


当然に、お母様の子育ては朝から晩までノンストップ、行き着く暇もなくフラフラに・・
仕上げ磨きがおろそかになるのも無理はないですね。

1日2回、寝る前が必須で
あと1回は、朝でも昼でも食後に磨ければ問題ないですよ。

お子様の頭を膝の上に乗せ、声かけしながらゆっくりやってみましょう。
お母様、お父様の協力タッグでやっていただくとなおいいです!


泣き喚いて無理にやるとかわいそうに思いますが、虫歯になったらもっとかわいそうなので少々無理にでもがんばりましょう!

ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★口内炎がたくさんできて食事が取れない!

2012年03月21日 | 田島歯科
口内炎があると
しみるのと接触した時の痛みで食事が摂り難くなります。

同時に1,2箇所の場合は通常の口内炎(5〜10mm前後の円形)と考えられ口腔粘膜用ステロイド剤の軟膏を塗布すると治りが早くなります。

早く痛みを止めるにはレーザー治療やサホライドを塗布するような方法もとられますが、たいていは自然治癒を期待します。

口内炎でも口の中全体的にできるヘルペス性口内炎というのがあるので
これは要注意です。

口内炎の大きさも通常より小さく粒粒な感じで、飛び火のように口の中に広がっていきます。ひどい場合は食事が摂れなくなります。

この場合は抗ヘルペスウイルス薬の点滴・内服・軟膏で対応します。

通常の口内炎とは明らかに痛くて、長引くようなら歯科医院での検診をおすすめします。

ホームページ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加