Toshizoh's Bar

大阪を愛する編集者トシゾーのほろ酔いメッセージ。

セカブラ 5

2016-09-19 20:51:17 | Weblog
世界で一番簡単なブランディングの授業 5

企画書を書かなくちゃ始まらない

日本ではクリエイターに企画書を書く教育をする風習がないように思うし、クリエイターも、オレたちは作品がすべてさ、みたいななんの根拠もない固定観念を持って勉強から遠ざかろうとするヤツがいまだに多いと見受けられるが残念なことだ。

ディズニーだったかピクサーだったか、新入アニメーターには、企画書を書く研修を受けさせているそうだ。

アイデアこそが金になるし、フワフワしたアイデアを形にし、共有し、根もあれば幹があり、枝が伸び葉が茂り、花が咲くためには、ペラでいいから企画書がなければ始まらないのだ。

書き方がわからん? 立ち飲みでおごってくれたら、教えてしんぜよう。

で、勘違いしたらあかんのは、企画書の見かけにこだわり過ぎても意味がないこと。読む方もアホじゃない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イソップ寓話 | トップ | 父さんのすることはまちがい... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL