Toshizoh's Bar

大阪を愛する編集者トシゾーのほろ酔いメッセージ。

ブランコに揺られる男

2016-10-14 23:16:19 | Weblog
忘れ去られた田舎の町の、小高い丘にある公園に、ブランコがひとつあって、夕方になるとひとりの中年男が、毎日ブランコに揺られて、夕日が沈むのを眺めるのだった。

男はしもぶくらみの顔をして、4頭身で足が短く、腹が出ていた。

どことなく、育ちの良さそうなおっとりした風情だが、着ている服は型遅れでところどころへたってやつれていた。

男は、子どもの頃は人気者で、同い年の子どもたちと、なんども冒険に出たものだった。

彼女もいた。ポニーテールのかわいい女の子だった。

子どもたちは等しく年をとり、女の子も男の子ども時代のようにしもぶくらみだったが、女の子はいつの間にかほそおもてになり、足も長くなり、胸も出て、都会に出たきり帰ってこなかった。

男はひとりぼっちになった村で、夕日を眺めながら、毎日、飽きることもなく、ブランコに揺られながら、子ども時代のことを思い出すのだった。

そして、夕日が遠くの山に隠れるとき、無意識にある言葉が口から出るのだった。

ノンノン……

ブランコに揺られている男の名は、ムーミン、と、いっ、た…。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も、おかげさま | トップ | スタートレック、軽っ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL