Toshizoh's Bar

大阪を愛する編集者トシゾーのほろ酔いメッセージ。

お月見しながら考えた

2016-09-15 22:53:38 | Weblog
日本人が曜日を使い始めたのは明治になってから。だから曜日は英語の訳語なわけで、英語の語源とつじつまが合うのも当たり前だったのね。

ちなみに月曜の月。これは英語のマンデーが、デーオブマンスから来ていて、マンスは1カ月の月で、太陰暦で月の満ち欠けを基準にしたことに基づく。
で、いま確認できる暦はシュメル人の使った紀元前3000年前の暦だが、それは太陰暦だそうな。

明治維新による文化切断は、恐ろしいものがあるな。

曜日の感覚もこの時に洗脳してしまい、それまでの日本人の曜日感覚をまったく思い出せなくしてしまった。

グレゴリオ暦って、キリスト教世界の暦やで。暦に従うことは、その暦を司る神に従うことでもある……。ぼちぼちやめようや。
倭人の暮らしと心に戻ろうや。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ある母親の物語 | トップ | カレンダーに縛られすぎ? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL