トシの読書日記

読書備忘録

「私」という語の意義(センス)

2017-06-13 18:36:58 | あ行の作家



大場健「私はどうして私なのか」読了


本書は平成21年に岩波現代文庫より発刊されたものです。


本書は何年か前に一度読んだんですが、あまりに難しすぎて歯が立たず、悔しい思いをしていたので、捲土重来、再度チャレンジしてみました。


がしかし、やっぱり難解でした。でも、論旨は大まかですがわかったつもりです。この哲学者は言語で攻めてきます。


本書のキモであると思われる部分、すこし長くなりますが、引用します。

<生きるということは、木石・水雲が現れているということではない(もし、掛け値なしにそれだけなら、その人は数日で死ぬ)。生きるということは、時の間・人の間として、私の振舞いを何らかの行為として受けとめる他者にたいして、選択的に行為するということである。こうした実践的な文脈においては、「私」という指標語は、いかにデリケートな心理的な述語をともなうにせよ、私のことばを真に受けた相手が、「あなた」という語で指しているもの、を指す。指標語「私」の指示対象は、あなたが言う「あなた」として与えられる。これこそが、「私」という指標語の意義(センス)の基底である。>


「私」というものは、いわゆる「内なる自己」というものがあるというのは、思い込みであると。


そして最後に著者は、こう結びます。


<「私」という指標語が指示しているのは、まさに、こうした呼応可能性という意味での、責任の主体としての、この私である。(中略)呼応可能性=責任を担っている私とは、他者からの跳ね返りにおける脱―現在として、自分を意識して―いる、という存在にすぎない。(中略)私は、あなたが「あなた!」と呼びかけ・応じてくれる存在として、その呼びかけに応じうる存在として、私でありえている。そして、あなたも、である。>


「私」とは、無数の「あなた」という存在があって初めて成り立つものであって、自分だけの世界、いわゆる「内なる自己」というものは、語の意義(センス)の違いを指示対象の違いへとスリかえた所産でしかないと。


とまぁ、わかったようなわからないような読後感でちょっとモヤモヤしておりますが、たまにはこういった小難しいものを読んで、急速に白痴化していく頭に多少なりとも歯止めをかけねば、と思っております。


ネットで以下の本を注文


町田康「ホサナ」 講談社


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 輪廻転生? | トップ | 生きることへの敬意 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL