としくんのテニス日記

40代からのテニス

パノラマコース

2017-09-21 17:41:06 | 山歩き

1日目の夕食を終え、談話室でくつろいでいたら一人の男性が話しかけてきてくれました。長い休憩をとっていた時に小ちゃなリュックだけの軽装備で追い越して行った方。その後、リーダーが独りで駆け上がっていったときに、抜きつ抜かれつでほぼ同じ頃に到着していたらしい。もともとは大阪で働いていて、定年を期に長野に移住して好きな山登りに没頭しているとのことで、毎週のように北アルプスに登って健脚である自分と同じペースだった女性のことがとても気になっていたらしい。事情を話すと仲良くなって、北アルプスの山々のことを楽しくお話ししてくれました。

さて、翌朝、リーダーは、上ってきたコースを引き返す一般的なルートにするか、パノラマコースを通るのか迷ってました。パノラマコースは景色がいいけど鎖場が多くて初心者3人の面倒を一人でみることができるか心配。山小屋にも、「登山経験が浅い方は通行を控えるように。」と注意書きされてるし。

 

昨晩のおじさんに相談してみたら、「僕も一緒に行けば大丈夫だよ。」と快く言ってくれました。

パノラマコースは、これまで経験したことのないような道の連続。

 

先頭のおじさんは、スイスイと進んでいくけど、後ろが慌てないように適度な距離感を保って待っていてくれる。この気遣い、大切だなぁ。それにしても、ハイキングに行くような軽装備😄

 

方や大きなリュックを背負った僕、へっぴりごしに写ってるけど😅、下が崖の連続なので3点支持で慎重に歩いてるんですよ。

 

でも、パノラマコースという名のとおり、遠くに富士山(左の奥の方にうっすらと三角形の頂が見えてるのが富士山です)を、

 

手に取るような近さに槍ヶ岳を、

 

そして穂高の山々をまさにパノラマで見ることができて感動。

夢のような2日間を締めくくることができました。

初心者3人を引っ張ってくれたリーダーに、チームワークの良さを見せてくれたメンバーに感謝です❗️

『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« チームワーク | トップ | 下山後の楽しみ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山歩き」カテゴリの最新記事