somecyanきときと日記

地元情報や社会状勢に対する提案・クドキそして日々の活動を徒然に書きとどめます。

仲良しタニタくんの漫画

2017-03-28 16:03:47 | 日記

ネットで話題の漫画「シャープさんとタニタくん RT」を買って来た。(写真)                       

コミックコーナーだけでなく新刊本やビジネス書コーナーにも展示される程の人気と聞いていたが・・

金沢の本屋で先日から探していたが見つからなかった。

今日、恥をしのんで店員に検索してもらってコミックコーナー棚で見つける事が出来た。

人気は都会だけなのかもしれない。

中味は読んでいないので分からないがシャープ(株)と(株)タニタのTwitter担当者が意気投合して知り合ってからの付き合いをアニメにしたものらしい。

後に他の企業担当者とも付き合いが広がっている。

タニタ食堂のレシピでのシャープとの関係は知っていたがアニメでも繋がり友達になっていた。

折りしも昨日は旧シャープ本社ビル解体のニュースが流れて驚いた。

業種に関係なく繋がるネット社会についていかねばならない時代になった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新幹線開業バースディー…

2017-03-27 12:29:51 | 日記

金沢駅コンコースに3月14日から写真のような大きなバースデーケーキが飾ってある。                  

北陸新幹線開業3年目を迎えた日から設置され、裏側には子供たちの新幹線塗り絵がおおく貼られている。

北海道新幹線は昨日1年目のバースデーだったが北陸は1年先輩である。

開業年からの反動で乗降客は減っているが、以前と比べれば3倍近いから新幹線効果は続いている。

金沢駅の在来線改札口は4月1日からやっと自動改札になるので、改札機はカバーを掛けられて待機中である。

その前に木製の仮設改札口があり駅員が挨拶をしながら切符の受け渡しをしている。

4月15日からは「ICOCA」が大聖寺~越中宮崎と城端線「新高岡駅」で使用できるようになる。

北陸は遅れていたがようやく都会に近づいた感じがする。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

JR東日本の旅行誌…

2017-03-26 07:30:43 | 日記

JR東日本が発行している「トランヴェール3月号」を貰ったので読んでみた。(写真)                   特集は山梨県だったが読んでいくと「漫画で岩手を元気に<岩手県>」が目に留まった。

漫画家が絵を描くことで被災者と交流して復興の応援をしている記事である。

先日、金沢でも和グルミ試食会を開催していたSAVEIWATEが仕掛けたという。

富山・石川でも行政が漫画で地域おこしをしているが同じような発想である。

子供たちを通じて復興を考える事は東日本大震災の風化防止にもつながるのでは・・。

この雑誌は北陸新幹線・東北新幹線など特急の車内で無料でお持ち帰りが出来る。

綺麗な写真入りで紹介されているので月刊旅行誌に負けない内容になっている。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

能登半島地震10年…

2017-03-25 13:01:30 | 日記

土合へ草むしりに行く途中に昼飯を食べようと探し当てたのが写真の「ぼてじゃこ小杉店」、走りながら食堂を探すのは難しいので今後は店を決めてから行く事にする。 

今日は能登半島地震10年目なので能登にちなんでシーフードミックスのお好み焼きにした。

どうも鉄板の上で自分が焼いて作るのが苦手だから作って持ってきてくれる方が好みである。

地震当日は石川県立図書館におりエレベーターが停まったのを鮮明に覚えている。

当時の民主党政権官房長官が「死者が1人で良かった」とコメントして腹立たしく思ったのも覚えている。

今日の新聞で傾いた総持寺の山門を修理する為に曳家工法で20メートル移動させたと報じている。

瓦の葺き替え時には自分の名前を瓦の裏に書いて寄付した山門を耐震工事をするのだ。

観光で盛り上げる為に長谷川等伯の仏画がある高岡の寺から七尾そして金沢の寺を巡る周遊ルートを設定すると発表した。

能登も東日本大震災と同じで未だ復興途中である。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石川と岩手がクルミ支援

2017-03-24 12:10:01 | 日記

昨日、金沢市ものづくり会館で開催された「岩手の和グルミPR試食会」の詳細を北國新聞と北陸中日新聞が大きく取り上げてくれた。

石川の2大紙が報道してくれる事は有り難い、テレビは昨日北陸放送(MRO)と北陸朝日放送(HAB)が放映してくれた。

甥が責任者であるSAVEIWATEが石川食品協会の協力で東日本大震災の一助にと開いたものである。

試食会に出席して約10種類のクルミ関連料理を食べさせてもらったがどれも美味かった。

特に白瀧のクルミ和え・まめぶ汁・炊き込みご飯は好みの味だった。

岩手では美味しいものをなまった東北弁で「くるみ味がする」と言うらしい。

「一粒の和グルミから東北の復興へ」を合言葉に、くるみ文化のある石川県が岩手の和グルミを使うことにより一日でも早い復興が進むことを願いたい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加