本多利雄 墨のしごと

現代に生きる「書」はどうあるべきか
そんなことを考えながら書と関わっています。

WAR IS OVER!  南輝子展

2017年05月14日 17時45分40秒 | 

歌人で画家である南輝子さんが歌集「 WAR  IS  OVER! 百首 」出版記念の

作品展 「WAR  IS  OVER! 南輝子展」をギャラリー島田で開催中。

WAR  IS  OVER! は、ジョン・レノンの「ハッピー・クリスマス」の一節。

「もしあなたが臨むなら 戦争は終わる」である。

絵画の余白にWAR  IS  OVER!につながる歌が、びっしり書き込まれている。

 

ジョン・レノンは言う「戦争は、人間の作りだすものだから終わらせることができる。」

いまこそ・・・WAR  IS  OVER!・・・である。

 

上は、2005年に出版された南さんの歌集「ジャワ・ジャカルタ百首」

南さんのおとうさんは、ジャワ・ジャカルタで製紙工場の責任者であったが、

戦争の終わった時に虐殺されるという悲惨な経験を背負っておられる。。

その歌集のタイトルを書いたことがある。あれから12年の時が流れた。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代の書 それぞれの航跡 ... | トップ | 神戸水の科学博物館にある作品 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL