本多利雄 墨のしごと

現代に生きる「書」はどうあるべきか
そんなことを考えながら書と関わっています。

現代の書 それぞれの航跡 そして今

2017年05月14日 10時41分04秒 | 

 

     

 

 


 

出品者の自らの足跡の中から選んだ作品と新作で

「それぞれの航跡 そして今」

先日表具依頼の際、一部の出品者の作品を散見した。

結構面白い作品が出てきそうな感触がしてきた。

それぞれの航跡として出品者がどのような作品を選んだのか、

一同に展示されるのを見られるのが楽しみになってきた。

多い人は20点強、今回は相当長くこの道を歩んできた人も

いるが、この度が展覧会というものに出品するのが初めてという

方も多いと聞く。

半紙の世界から、いきなり大きな紙に挑戦した方の作品もあり

作品傾向も「我は我の道を行く」の出品者がどのような出品作を

持ち寄るか楽しみである。


6日間借りた会場で、前半の3日間をかけて展示

会期は後半の3日間

展示をみんなで。わいわい・がやがやと楽しみたい。

 

 

会期 6月16日(金)〜18日(日) 10:00〜17:00 最終日 15:30終了

会場 兵庫県立美術館王子分館・原田の森ギャラリー

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「 発 」による展開 | トップ | WAR IS OVER!  南輝子展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL