本多利雄 墨のしごと

現代に生きる「書」はどうあるべきか
そんなことを考えながら書と関わっています。

「 書と写真 」展  新しくオープンしたギャラリーで開催

2017年05月03日 16時52分39秒 | 

神戸の文化ゾーン大倉山にオープンしたギャラリー「 Gallery MEIYU ] 

飛雲会で活躍中の書家と写真家によるオープン展が開かれている。

いつも斬新で独創的な世界を表現した作品を展開しておられる二人の書家

阿部華陽さん、丹羽名甫さんと写真家Yusuke Nakamuraの三人展

いずれもパリで発表した作品とのこと。モダンな作品が並ぶ。

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 現代の書 それぞれの航跡 ... | トップ | 「 発 」による展開 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL