本多利雄 墨のしごと

現代に生きる「書」はどうあるべきか
そんなことを考えながら書と関わっています。

藤原志保展

2016年10月13日 21時57分19秒 | 

 

墨と和紙による独創的な作品を発表し続ける現代美術家藤原志保氏の作品展。

墨の魅力を最大限に引き出している。

今回は、にじみの効果と濃淡の深みとマチエールに魅入った。

最近観た数々の展覧会で最も見応えを感じた作品展であった。。

是非観て欲しい作品展である。

ギャラリー301で 10月16日まで

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「 貧 」 | トップ | ボブ・ディラン 風に吹かれて »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL