トシコロのありのままの暮らし


  世田谷カフェとの交信の必要性で、登録しました。それ以外の皆さんもよろしくお願いします。

昔見た子供向けドラマの中のギャンブル

2016-12-13 16:08:54 | 日記
昔見た子供向けドラマの中のギャンブル

日本の1960年以前の人たちは覚えているかもしれないが、子供の時に名子役の宮脇健が演じた「ケンちゃんシリーズ」のドラマがあつて、僕も喜んで見ていた。その中の一つを紹介しよう。


  小学2年生くらいのケンちゃんが友人仲間と、三輪車レースの賭け事に熱中するようになる。仲間の一人が「大人は競馬というものをして、お金を儲けているそうだ」と言って。そして、皆で10円くらい掛け金を出し合い、「儲かった。損した」で一喜一憂したのだな。ケンちゃんは儲ける。

   数日後、父親も交えての夕食の時、母親が「お金がないの。だから、今日はイワシなの」。当時の日本では、イワシが安かった。そうしたら、ケンちゃんが「競馬だよ。競馬をすれば、儲かるよ」と言いだし、父親は「バカヤロー。しかし、どこでそんな事を覚えたんだ」と言い、色々聞き、三輪車レースの事がばれて、ケンちゃんは怒られる。父親は「ならば、本当の競馬を日曜日に見せてやろう」と言い、連れて行く。儲かった人もいたが、反面、金がないのに競馬に有り金をつぎ込み、貧乏になり、苦しい表情を見せる男の人をケンちゃんに見せて、「よく見ろ。これが競馬だぞ。怖いものだぞ」と諭すところで、ドラマは終わる。

  当時の僕も笑いながら見ていましたが、ギャンブルに対しての教育という面もあったわけですね。

  ひるがえって、今のカジノ法案。与野党共、経済面の議論は活発ですが、青少年への影響など、教育面が聞こえてこないのはどういう事でしょうか。経済面だけの賛否で良いのでしょうか。また、教育界は一体どのような意見があるのでしょうか。その声も聞こえてこない事はもっと変に思えます。大体、今の日本国民は教育に関心が薄い。教育について選挙で語っても、与野党共、票にならないわけですね。日本国民の意識自体が問題でしょうが。

  できるカジノの規模にもよりますが、児童や生徒への影響はどうなるのでしょうか。心配です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国会議論は、その他の議論と... | トップ | 日本の「話し合い民主主義」の根 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。