トシコロのありのままの暮らし


  世田谷カフェとの交信の必要性で、登録しました。それ以外の皆さんもよろしくお願いします。

カゼとインフルエンザについて・子供向け科学の文

2016-12-20 14:13:57 | 日記
  みなさん、お元気ですか。ぼくは11月にカゼを引きました。体の熱(ねつ)はふつう通りでしたが、初めはのどがたいへん痛く(いたく)、次にセキと鼻水が出て、しだいにそれらが少なくなり、治っていったわけです。カゼのことをインターネットで、調べたら、90%はカゼのウィルスによるものだとありました。ウィルスはみなさんも知っているでしょうが、目では見えない、小さな、小さな生き物ですね。それがのどや鼻、気管支に付き、増え始めて、それと自分の体の一部が戦いをするためにのどが痛くなったり、追い出そうとしてセキや鼻水、タンが出るわけですね。したがって、鼻水やタンはできるだけ出した方が良いわけです。
 
ウィルスがまだ発見されていない時からも人類は風邪に対して対策をいろいろ立てきました。まず、体を暖かくして休むこと。食べ物もカゼに効くものも色々と見つけられてきました。日本や朝鮮、中国では、クズが体を暖め、結果的に早く治らせることが非常に早くから知られてきました。そのほか、ショウガ、梅干し、西洋から入ったネギもカゼやインフルエンザに効くわけです。あと、非常に古くからお茶が飲まれてきましたが、それもウィルスを殺したり、人間の体がウィルスなどと戦う力(めんえき力と言います)を強める働きをする事が最近になり、わかってきました。あと、豆腐もめんえき力を高めますし、うどんも体をあたためるわけです。あと、ヨーロッパでお菓子作りに使われているシナモンも体を暖めます。それは中国では、薬の材料にもなっているわけです。
 
ぼくが知っているカゼに効く食べ物は以上ですが、皆さんも調べてごらんなさい。その土地で、さらにそのような食べ物もあるかもしれません。ぼくもカゼの時は梅干しやネギ、豆腐を多く食べ、また、お茶も飲んでいます。これも我々のご先祖さまからの知恵なのですね。昔の人は電子顕微鏡(でんし・けんびきょう)もなく、ウィルスのことも知りませんでしたが、それでも、カゼやインフルエンザに効く食べ物の事はわかっていた。その知恵はものすごいし、ぼくも梅干しやネギを食べながら、感謝したわけです。
 
みなさんも体には気を付けて、また、元気な時からカゼやインフルエンザ、そのほかの病気に効く食べ物のこともいろいろ調べて、知っておきましょう。
 
ぼくの文を読んで下さり、ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« X君関係の追記 | トップ | 小中学生のみなさんへ・20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。