東進衛星予備校 高の原駅前校

東進衛星予備校 高の原駅前校のブログです!
TEL:0742-81-7061

バイバイン

2016-12-07 16:51:54 | 日記
こんにちは!今朝久しぶりに寝坊して朝の授業が飛んだ鎌谷です。先生ごめんなさい…💦

さて、今日は昔話をひとつ紹介しましょう。

昔々、豊臣秀吉に仕える相談役に曽呂利新左衛門というなかなか頭の切れる人がいました。その頭の回転の早さであんなことやこんなことをして秀吉を助けた彼はある日、秀吉に褒美をもらえることになりました。なんでも欲しいものを言うがよいと言われた彼はこう言いました。
「では今日は米を1粒ください。明日は米を2粒、明後日は4粒というように前の日の倍の米粒を、今日から100日間ください」
秀吉は
「ほんまにそんなんでええんかいな」
といいながら快諾しましたが、さぁ米を用意しようという段になってあることに気づき、頼み込んで別のものに変えてもらいましたとさ。


さぁ、秀吉は何に気づいたのでしょう?


…その通り、米の量ですね🍙
この話には別バージョンがあって、新左衛門は米を畳の上に並べてくれと言ったとか、将棋盤に並べてくれと言ったとかいろいろあるんですが、ポイントは『前の日の倍』ってとこです。

始まりは米たった1粒でも、倍々を100日間続けるとどうなると思いますか!?

まず、n日目には2のn-1乗(粒)貰えるわけで、
1日目…一粒
12日目…おにぎり1個ぶんくらい
17日目…一升くらい
23日目…日本国民一人当りの米年間平均消費量くらい
36日目…東京都の米年間生産量くらい
50日目…日本の米年間生産量くらい
と、半分でもう途方もないことになってます。そして、これら全部をまとめた100日ぶんの合計は、等比数列の和の公式を使えば求められますが…

約1300000000000000000000000000000粒(1.26765×10^30粒)、世界の米の総生産量約50兆年ぶんに相当する米が貰える事になります。秀吉すげぇ…(嘘)

似たような話にはドラえもんの“バイバイン”っていう道具の話もあります。使い方を誤れば世界がいくつあっても足りないドラえもんの道具たちのなかでもなかなか面白いヤバさを抱えた道具ですねw(知らなかったらググってみよう👍)

まぁこの話から得られる教訓といえば、2倍ってすごい、ってことかな(笑)
たまにはこういう計算をしてみるのも面白いですよ!(面白くない!?)

…ってことで、明日もみんな頑張って起きよう󾀀(笑)
鎌谷でした!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スウェット派? | トップ | "マイ" ベストアーティスト »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。