ほっとそっとmama親の会おしゃべり会、1月22日(日)、2月19日(日) 14:00〜17:30金生公民館新館2階

現在または過去に不登校経験のある子ども・若者の居場所。1月22日(日)、2月19日、こんぺいとうの会。14時〜16時

明日、1月22日は親の会&こんぺいとうの花の会あります。

2017-01-21 21:52:56 | 親の会 
大寒。寒いはずですね。立春まであと少し。
春はもうすぐ。

明日は、親の会&こんぺいとうの花の会あります。

時間変更のお知らせです。
毎月親の会は13:30開始になっていますが、
明日は勝手ながら、14:00開始になります。
お間違えのないようによろしくお願い致します。

明日も寒くなりそうなので、温かくしてお出掛けください。











松本隆博さんライブ🎵先週行ってきました!
サイコ〜に楽しい、温かくてステキな松本さんの人柄に触れ、一瞬にして大ファンに💖

来場者みんなで、「チュにぎりダンス」🎵

来月は市内の某中学校に‼️
乱入したいくらい(^^)

こどももお母さんもお父さんも、みーんな元気になります‼️

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017年、今年もよろしくお願いします。

2017-01-05 22:00:00 | 不登校



2016年、私の中でのヒット曲!
「みんながみんな英雄🎶」

ジ〜ンときちゃいます。
2017年、こんな感じでいきませんか。

今年もよろしくお願いいたします。


四国中央市では、



2017年4月には、こども若者発達支援センター事業開設
のため工事が進められています。
幼児期から就労支援まで、一貫した支援が行われるための総合的役割を担うようです。

不登校のこども若者の居場所こんぺいとうの花の会は
いま親の会とともに月一回の活動をしていますが、集まってくれるこども若者の参加人数も多くなってきて、こどもたちの活動の場(居場所)を増やしていきたいという要望があります。

今年の目標です。

親の会、そして、こんぺいとうに参加してくださっている方々の要望をお聞かせください。
一つでも、一つずつでも、実現していけたらいいなと
思っています。

メンバーの皆さんの声を届けてください。

よろしくお願い致します。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年、たくさんの方との出会いがありました。

2016-12-28 16:43:18 | 不登校


いよいよ今年も数日となりました。過ぎてしまえば本当に早いものです。今年も振り返れば、たくさんの方との出会いがあり、支えられた一年。そしてまた一年。毎日毎日の積み重ねですね、生きるということは。

誰もがそこに立ち止まってはいないんです。止まっているようにみえても、決して止まってはいない。それは間違いないのです。子どもは常に成長しています。目に見えてわからないようでも成長し続けています。よくよく観察して探してみてください。必ず発見があるはず。
学校へ行ってない、というものさしでなく、本来のこの子の良さを見つけてください。
子育てって、楽しまないと、ホントもったいない。
いまならそう言えます。


我が子が不登校になり、校区内での不登校の親の会を始めてから、すでに10年が過ぎました。14歳だった息子はもう25歳です。
初めは何にもわからなくて、学校に行かない我が子を責めて責めて、何がなんでも学校に行かせようと必死でした。みんな経験ありますね。あー、そんなことも、こんなこともしたなー、と。反省しても足りません。

「不登校」…イヤな言葉ですね。
学校へ行かない、だけです。
それだけです。チョットいま、休憩中。
いろいろ考え、悩み、休憩中。
エネルギー充電中。
休憩終われば、充電できれば、また動きます。活動します。

いま真っ只中の方にとっては、そんな簡単ではありません。親は必死です。
私も、会のメンバーも、通ってきました。
この10年。

最近、忙しいを理由にブログで語っていませんでした。以前は、本当にマメに更新してたのに。すみません( ´Д`)y━・~~

お陰様で、と言っていいのかわかりませんが、ほっとそっとmamaの毎月の例会おしゃべり会には、毎回たくさんの方が参加してくださり、話を聴かせていただいています。皆さん、目の前のこどもさんのことで、どうして行けないのか。どうしたら行くのか。答えをさがしたいのです。

でもでも、「不登校」とはいっても、100人いたら100通り、みんな違います。だから、誰かと同じことをしたからといって、それがあなたのこどもさんに当てはまるかというと、誰もわかりません。それは、こどもさんに向き合いながらわかっていくもの、だと思うのです。

と、偉そうに言っているこの私も、100%我が子に向き合えているか?…どうでしょうか。わかりません。
でも、いまなら、彼の、彼女の気持ちに耳を傾ける、
これしかないのだと思うのです。
子どもだけでなく、誰にでも。

来年の目標、「傾聴」していきませんか。

ほっとそっとmamaでも、新しい方が増え、昔からのメンバーが少なくなりました。
不登校の親の会と言ったら、その時期だけの会かと思われるかもしれませんが、親が親である以上、我が子はずっと我が子。いいときもあればしんどいときもあります。山があり谷もあります。いつでもしんどいな、聴いてもらいたいなと思ったときは、ぜひいつでも立ち寄ってください。お茶飲みながら、話をしに来てください。
そして、いつでも、親の会のメンバーは傾聴できる人であってほしいと思っています。そんな温かい場所が、ほっとそっとmamaだと思うのです。

新しい年は、いつでも立ち寄ってもらえる居場所になれるよう、気持ちを新たにいきたいと思います。

長くなりましたが、皆様、今年一年ありがとうございました。
また、来年もよろしくお願い申し上げます。

良いお年を。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日18日は親の会&こんぺいとうの会あります。

2016-12-17 17:16:25 | 親の会 


いよいよ2016年もあと残り数日となりました。
一年早いですね。一気に厳しい冬の寒さがやってきました。風邪などひいていませんか?

学期末で慌ただしいとは思いますが、
明日は今年最後の親の会&こんぺいとうの会あります。

こどもたちの会は、クリスマス会のイベントまではいきませんが、普段より少しクリスマスっぽいおやつを準備できたらと思っています。
月に一回の集まりですが、どうぞご参加お待ちしています。

親の会は、13:30〜17:30で、金生公民館新館2階洋室

こんぺいとうの会は、14:00〜で、公民館新館2階和室です。


中学3年生のこどもさんは進路決定があったり、親も子もザワザワする時期かと思います。
親の会のメンバーの皆さんは、進路もそれぞれこどもさんの状況に合わせて対応していっています。

それぞれどうしていくことがその子にとって良いのだろうかと、悩まれておられます。
少し先を歩かれている方の話など、聞かれて参考にされてもいいですね。あくまでも、参考に、です。

3月を卒業の節目と捉えるなら、4月から新しいスタートと考えることもできますが、こどもさんにとってはまだその時期ではないこともあります。その場合には焦らずにその時期を待つことも必要だと考えます。

どちらにしても、こどもさんの気持ちを聴くことからです。そして、こども自身の気持ちを確かめながら、いずれ、自己決定し、前に進む。
こどもの人生はこども自身のものなのです。

そんなことを、親の会では親同士話しながら、おしゃべりしながら、過ごしています。

決して、敷居は高くはありません。初めて来てくださる方は不安に思われるかもしれませんが、ぜひ一度お尋ねください。皆さん、どなたも悩まれていることを共有できます。そして、ひとりで抱え込まず、楽になりませんか。チョットだけ、荷物を軽くしに、立ち寄っていただけたら、嬉しいです。
お待ちしています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日、起立性調節障害の学習会あります。

2016-12-10 12:05:32 | 不登校


起立性調節障害の学習会が、本日午後1時半〜4時半まで
川之江コミュニティセンターで開催されます。

思春期のこどもたちに多く不登校の原因になっていることもあります。起立性調節障害について、理解を深めるための勉強会です。
ぜひ、ご参加ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日11月13日は親の会&こんぺいとうの会あります。

2016-11-12 07:21:01 | 親の会 


11月7日にNHK Eテレ「ハートネットTV」で放送された、元「SEALDS」奥田愛基さんの番組をご覧になりましたか?
見逃した方は、再放送11/14(月)13:05〜。


今年8月に解散した学生団体「SEALDS(シールズ)」の中心メンバー奥田愛基さんは、中学時代にいじめられた体験を語りました。

ある日突然、友人たちから無視され、「このまま死のう」と考えた。朝日新聞のコラム「いじめられている君へ」で、劇作家の鴻上尚史さんが「死なないで逃げて」と呼びかけた文章を目にし、南の島への移住を決意したという。当時、雰囲気に流されいじめる側に回った友人も出演。自責の念に苦しんでいることを吐露しています。

「お前がお前でいていいし、俺が俺でいていい社会じゃないと最低限ダメ」。生きる意味を考え続ける奥田さんの言葉は、優しくて力強く、共感する。学校で、会社で、あなたは流されない「個人」であり続けられるか。そんな問いを感じる。(朝日新聞より抜粋)


本人の気持ち、母親の気持ち、父親の気持ち。
当時の自分に重ねて、我が子の気持ちに重ねて「あの時」の思いがこみあげてきました。
子の思い、親の思い、伝わってくる番組です。
ぜひご覧ください。


明日13日は親の会、こんぺいとうの会あります。

今月は、いつもどおり過ごします。
親の会には、市内だけでなく、新居浜や松山から来てくださり参加されています。
どうぞご参加お待ちしています。
初めての方は、親の会までご連絡いただければと思います。


[親の会]

時間 13:30〜17:30

場所 四国中央市 金生公民館 新館2階洋室

マイカップ持参ください。


[こんぺいとうの会]

時間 14:00〜16:00

場所 金生公民館 新館2階和室

飲み物、各自持参ください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

10/30フェスタに参加しました!

2016-11-06 15:03:17 | イベント










先週の日曜日、毎年恒例行事となっている、「四国中央市子育てフェスタ2016」に親の会&こんぺいとうの会で参加しました!

当日は朝から天候も良く、たくさんの親子連れが訪れて賑やかな一日になりました。

今年も、フランクフルト、ホットドッグ、炊き込みご飯やおにぎり、バザー品の販売と、購入してくださった方には、バルーンアートの風船をこんぺいとうのこどもたちが膨らませて、小さいこどもさんに配りました。男の子も女の子も剣が一番人気だったようです。

フェスタの前日に、販売用フランクフルトの準備と、バルーンアート経験者の高校生の子が他のメンバーに作り方を伝授して当日に望んでいましたが、みんな上手に作り方をマスターしていました!若い子はスゴイです!お蔭で当日は大盛況でした。

朝早くから商品の運搬、テント張り、出店の準備・販売など、親の会とこんぺいとうのメンバーの皆さん、ご協力ありがとうございました!こどもさんもたくさん参加してくれて大変楽しく開催できましたこと、御礼申し上げます。皆様、お疲れ様でした。

当日の売上は、親の会とこんぺいとうの会の運営に使わせていただきます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明日30日は子育てフェスタに参加します!

2016-10-29 10:11:02 | 親の会 




明日はいよいよ毎年恒例行事になりました「子育てフェスタ」に、ほっとそっとmamaメンバー&こんぺいとうの会で参加します!

午前9時から開催のため、7時半からブースの準備をしたいと思っています。朝からお手伝いしていただける方よろしくお願い致します!

昨年から自分たちのブースで使用するテント、テーブル、イスは各自持ち込みします。参加される方は、各自イス(キャンプ用のチェア)の準備をお願いします。

また、フランクフルトの販売もしますので、衛生面にも充分気をつけていただければと思います。

当日は赤ちゃんからおじいちゃんおばあちゃんまで賑やかなイベントになります。楽しんで参加しましょう🎵
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9/18(日)新しい教育のあり方を考えるつどい2016

2016-09-16 16:19:26 | 講演会


多様な子どもの成長と学びを考えるシンポジウム
「たとえば…学校に行くの?行かないの?」

当事者の声を聴くシンポジウム開催のお知らせです。

子どものニーズに合った成長と学びについて、また、子どもに必要なことは何か(たとえば、学校に行くとか行かないとか)について、ゲストのみなさまと一緒に考え討論します。


[日時] 2016年9月18日(日)

[時間] 午後2:00〜4:30 (1:10受付開始)

[会場]香川県社会福祉総合センター 7階第一中会議室
(高松市番町1-10-35)

[プログラム] 午後2:00〜3:30 シンポジウム
午後3:30〜4:30 意見交換、4:30終了

✳︎コーディネーター
木村清美さん(フリースクールヒューマンハーバー主宰、NPO法人フリースクール全国ネットワーク理事、NPO法人四国ブロックフリースクール研究会理事)

✳︎シンポジスト
宮武将大さん(一般社団法人hto.toco代表理事)
土田潤さん(フリースクールヒューマンハーバー卒業生、現在大学院生)
廣田優さん(不登校歴3ヶ月の不登校体験者、現在は一児のパパ)

[参加費]大人 前売1000円(当日1500円)、高・大学生前売900円(当日1100円)、小中学生 前売800円(当日1000円)
✳︎前売は郵便振替をご利用ください
最終振込日9/10以降は電話で確認後、振込をお願いします。(tel 090-7623-6496)

[定員]84名 (先着順)

[主催]フリースクールヒューマンハーバー
(香川県高松市上之町3-3-7)

[共催]NPO法人フリースクール全国ネットワーク、NPO法人四国ブロックフリースクール研究会



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日、9/11は親の会&こんぺいとうの会あります。

2016-09-11 09:48:00 | 親の会 
夏休みが終わり、9月に入り2学期が始まりました。

子どもさんの様子はいかがですか?

2学期は行事も多く、イベントに参加したい子、したくない子、それぞれだと思います。
子どもさんの興味関心に合わせて対応できたらと思います。
くれぐれも無理強いはできません。
やりたいことができればOK。
親もそんな気持ちでいきませんか。

本日午後から親の会、こども若者の居場所「こんぺいとうの花の会」あります。
ご参加お待ちしています。


★親の会

9月11日(日) 13:30〜17:30(時間内出入り自由)

金生公民館新館2階洋室

マグカップ持参ください。


★こんぺいとうの花の会

9月11日(日) 14:00〜16:00

金生公民館新館2階和室

各自、飲み物持参してください。
ゲーム機はそれぞれ持参はOKです。
壊れたりなくしたりしないよう自己管理を
よろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「不登校 わが子と決めた道」(朝日新聞より)

2016-08-31 23:58:15 | 不登校

夏休み明け、「学校へ行きたくない」という子どもにどう向き合えばいいのか。

不登校・子どもの自死問題にむけて、不登校の選択を受け入れることを決めた親たち。
8/31付朝日新聞に記事が掲載されています。





ノンフィクション作家 北村年子さんが発信されています。

過去40年以上にわたり、
子どもの自殺が一年で最も多くなる日が、
明日 9月1日です。

学校に行きたくない子どもたちへ、
生きていてほしい、
死なないで、
の危機感の中で、
各地でさまざまな取り組み、居場所づくりが行われています。

不登校は、
教室が、安全安心な居場所=ホーム・ルームになはない、
子どもたちの「ホーム」レス問題、でもあります。

今朝の朝日新聞掲載
「不登校、ありのまま受け入れた 親たちに聞く」
では、不登校新聞・石井志昂編集長らと共に
私もインタビューに応えました。

明日 9月1日木曜、
私がパーソナリティつとめるラジオ
FMヨコハマTresen+
http://www.fmyokohama.co.jp/onair/dj/KitamuraToshiko
19時20~40分
北村年子の「あなたにあえてよかった」でも、
不登校テーマに、
学校に行きたくない子どもたちに、
生きてるだけでありがとう、
を発信したいと思います。
ぜひ、聴いてください。
番組内で紹介するメッセージも募集しています。
メール宛先
anata@fmyokohama.co.jp


子どもたちの命を守れますように。


ノンフィクションライター
一般社団法人ホームレス問題の授業づくり全国ネット代表理事
北村年子


以下、8/31朝日新聞朝刊より
◆◆◆

不登校、ありのまま受け入れた 親たちに聞く:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/DA3S12535670.html

 夏休みが明けるこの時期、「学校へ行きたくない」と言う子どもにどう向き合えばいいでしょうか。不登校の選択を受け入れることを決めた親たちに話を聞きました。
 ■学校か死ぬか、にしない 息子が中1から不登校 ノンフィクション作家・北村年子さん(54)
 息子は中学1年の9月、同級生が教師から頭をたたかれたのを見た翌日から行けなくなりました。玄関先で立ち上がれず、「行かなきゃ、行かなきゃ」と繰り返す。でも体が動かない。
 小学5年ごろから「お母さんは好きなことをしてていいね。僕は毎日、学校で自分を一つずつ殺しているんだよ」と話していたので、それまでもずっと無理をしていたんだと思います。
 押し入れに閉じこもり、「僕はダメだ」と繰り返す。「そんなことないよ、いいとこいっぱいあるよ」と言っても「世間の人はそう思わない。僕がこんな不良品でごめんね」。ショックでした。いくらほめても、長所を伝えても、笑顔にしてやれない。それが何よりつらかった。
 半年後、はっと気づきました。私は息子を肯定していたつもりで、自己否定している息子を否定していたんだと。たとえ今この子がどんな状態でも、否定せず、ありのまま受け入れよう、自分を好きと思えない息子を私が好きでいればいい。「そうか、自分をダメだと感じてるんだね。つらいんだね」と伝えると、ほっとしたのか、だんだん元気になっていきました。
 高校も大学も、自分から行きたいと進学しましたが、中退しました。もう何も期待しないと思いながら、入学したなら通ってほしい、と親はつい欲が出る。でも「行く」「行かない」は親がコントロールすることじゃない。子どもが不登校になると、親は「早く学校に戻したい」と思いがちです。でも子どもは、学校に行くか、死ぬか、どちらかしかないと思い詰めてしまうかもしれない。息子は不登校を選んで、自分を生きることを選んでくれたのだと思います。
 いま24歳。仲間とバンドを組んだり、障害者施設で働いたり。「好きなことをして」生きていてくれたら幸せです。
 ■仲間知り、葛藤和らいだ 娘が小1から不登校 主婦・岡田綾歌さん(37)
 娘は小学校に入ることを楽しみにしていましたが、入学すると保育園との雰囲気の違いに驚いたようでした。
 給食は時間内に食べなきゃならない。家でも宿題に追われる毎日。女の子のグループが複数あったみたいで、「うちらの方に来ないのって言われるのがいや」とこぼしました。1年の3学期、学校に行かないと言い出しました。最初はなにを甘えているんだろうと。「勉強分からんくなるよ。友達の輪にも入れない。なにも分からないまま大人になったらどうやって生活するの」。脅かすような言葉をたくさん言ってしまいました。
 5時間目から連れていったこともありましたが、げた箱の前で「なんで行かんといけんの」と泣き続け、教室に入りませんでした。娘もつらい理由を話してくれました。先生が宿題をしなかった子をみんなの前で叱るそうです。「ひどいこと言うなあといつも聞きおるんじゃ。胸がドキドキして苦しかった」
 これだけ嫌がっているのに無理に行かせていいのか。いや、これが社会なんだ。葛藤していた時、不登校の子どもの親でつくる会に参加しました。出会ったのは義務教育の間に登校しなくても、大人になってちゃんと生活している人たち。やっと学校に行かなくても大丈夫、なんとかなると思えました。
 2年生の夏休み明け、娘と夫と校長室を訪ねて「休学宣言」をしました。娘も私も気持ちに区切りをつけ、娘に安心して休ませるためです。
 不登校になる前にもっと話を聞いてあげられたらよかったといま思います。4年になった今年春、娘は塾に行きたいと言い始めました。「先生」という人を受け入れただけでもすごい前進。色々と誘いたくなるのをぐっとこらえ、娘を焦らせないようにしたいです。
 ■夏休み明け、緊張高まる 30日以上休んだ小中生、12万人超
 文部科学省によると、年間30日以上学校を休んだ不登校の小中学生は1990年代に倍増。その後も高水準が続き、2014年度は約12万3千人だった。
 不登校経験者らが発行する不登校新聞の石井志昂(しこう)編集長(34)は「夏休み明けから行かなくなるケースは多いようだ。長い休みが終わるのを前に、緊張や不安が一気に高まるためではないか」と話す。不登校になる前には、(1)宿題が手につかない(2)生活が昼夜逆転し、朝起きられない(3)神経質になる――といった兆しが見られるという。
 「学校に行きたくない」と口にした時は親へのSOSのサインのこともあり、苦しさが理解されないと子どもは追い詰められてしまうと指摘。「親は『学校に行かなくても生きていていい?』と問われていると考えて。実際に行くか行かないかは結果論。まずは耳を傾け、共感してほしい」と呼びかける。
 小学5年の9月から不登校になった渡辺昌樹さん(20)は「学校に行くしか道がないと言われると、自分の全てを否定される。母は色々な選択肢を強制はせずに僕に示してくれて良かった」と振り返る。(藤田さつき)

◆◆◆


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

きょう28日は親の会&こんぺいとうの会あります。

2016-08-28 09:24:41 | 親の会 

まだまだ猛暑が続いていますが、いくらか朝晩過ごしやすくなってきたように感じます。

夏休みが終わりに近づき、学校へ行きたくないこどもさんにとってはもちろんですが、親にとっても、それぞれの心の葛藤がザワザワしてきます。


昨夜から、24時間テレビを見ています。涙腺がゆるんでいるのは私だけではないと思います。

我が子がいま、ここにいてくれるだけでいい。

心からそう思いませんか。


いろんな思いを抱えながら、
きょうも親の会にご参加いただければと思います。
お待ちしています。


親の会

8月28日(日) 13:30〜17:30

金生公民館新館2階洋室


こんぺいとうの会

8月28日(日) 14:00〜16:00

金生公民館新館2階和室

こどもさんで参加される方は、ゲーム機持参で交流OKですが、自己管理をよろしくお願い致します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7月28日 親学コミュニケーション塾 講座のご案内

2016-07-26 09:45:07 | 不登校


1学期が終わり、夏休みに入りました。
猛暑が続いていますが、暑さ対策をしながら
この夏を乗り切りたいです。

今週28日(木)は、第2回親学コミュニケーション塾が開催されます。6月30日に行われた第1回には22名の方が参加されました。

現在、こどもさんの不登校や親子関係で悩まれている方
、前回参加された方も今回初めての方も、第2回にどうぞご参加ください。初めての方は、できるだけメールで連絡いただけると有難いです。

語り合いは、少人数でのグループでのトークから。
人前で話すのが苦手な方も心配いりません。
まずは、気軽に参加されませんか?
お待ちしています。

[日時]第2回 2016年7月28日(木)、第3回 8月25日(木)

[時間]第2回、第3回は、14:30〜16:30

[会場]前回と同じく、四国中央市金生公民館本館2階

[受講料]一般 1回につき1000円(親の会会員は500円)

申込みは、7/27(水)までにお申込みください。

尚、お問い合わせ・申込みは、ほっとそっとmamaまで
お願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

7/25(月)NHKハートネットTVに不登校新聞登場

2016-07-14 15:33:14 | 不登校


お知らせです。

当事者の目線から、生きづらさを掘り下げるNHK番組「ハートネットTV」。2006年の放送開始以来、好評を集めている番組です。

「ハートネットTV」の取材陣は、昨年から半年以上かけて、「不登校新聞」に関わる不登校経験者を追ってきました。本紙で大事にしてきたものが放送されると期待しています。
ぜひ、ご覧ください。

[放送日]7月25日(月) 20:00〜

[再放送]8月1日(月) 13:05〜
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のバーベキュー中止。明日10日親の会あります。

2016-07-09 07:38:01 | 親の会 


おはようございます。
本日予定していたバーベキューですが、
台風の影響もあり、大雨・雷・洪水注意報が出ています。きょう1日断続的に雨が降り続くということで、
とても残念ですが、中止になります。
参加申込みいただいた皆さんには、メールにてお知らせしています。申し訳ありませんがご了承ください。

バーベキューは中止になりましたが、当初予定していた今月の親の会&こんぺいとうの会は、明日10日(日)は
いつも通り、金生公民館新館2階で行いますので、どうぞご参加お待ちしています。

日時 7月10日(日)

★親の会は、13:30〜17:30

★こんぺいとうの会は、14:00〜16:00

場所 金生公民館新館2階


尚、8月の親の会&こんぺいとうの会は28日(日)です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加