鎌ちゃんの一日一考

写真と俳句(短歌)に取り組んでいます。
どちらも修行の身ですので、宜しくご指導お願いいたします。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

護王神社(その2)

2017-01-25 18:14:36 | 写真俳句

寒水や愚痴をこぼさず護り猪

(かんすいやぐちをこぼさずまもりじし)

前記事に続いて、京都の護王神社での写真俳句です。

 

待春や黙し我慢の土踏まず

(たいしゅんやもくしがまんのつちふまず)

これを踏んで祈願すると、足膝の痛みにご利益があるとか。

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 護王神社 | トップ | 雪眼鏡 »
最近の画像もっと見る

写真俳句」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL