鎌ちゃんの一日一考

写真と俳句(短歌)に取り組んでいます。
どちらも修行の身ですので、宜しくご指導お願いいたします。

露の身

2016-10-11 16:19:39 | 写真俳句

露の身や再会に見る浮き沈み

(つゆのみやさいかいにみるうきしずみ)

小学校のクラス会に参加してきました。

元気溌剌の人もあれば、既に鬼籍に入られた方、

病苦を抱えた方、介護を抱えた方など多様でした。

 

露の身と説きし老僧逝きにけり

(つゆのみとときしろうそういきにけり)

 

露の世や美女なる故の幸不幸

(つゆのよやびじょなるゆえのこうふこう)

美人薄命とも言われますから。

 

        10月1日~10日のつぶやき句を32句にまとめました。

     朱鷺戻るされど絶滅危惧の星         高齢に冷たき国や朱鷺の保護

     波高き越佐海峡朱鷺渡る           青林檎木箱机に学びけり

     逆立ちの空の蒼さや秋葵            微笑みににじむ人柄初紅葉

     七十路の童の集ひ初紅葉            ときめきが残る齢や初紅葉

     奥琵琶の静もる里や初紅葉          おやすみの里の有線虫の闇

     故郷の人みな早寝虫の闇           この峠越えれば故郷初紅葉

     すぐ漏れる内緒話や虫の闇          秋茄子や老いて草食系となり

     秋茄子や村に嫁御がくるさうな        孫子へと継がれ糠床秋茄子

     藁塚の墓碑の如くに並びけり         藁塚ややがて堆肥となるを待ち

     藁塚の香に抱かれて寝る夜かな       浜菊の欲得抜きで咲きにけり

     浜菊や流離の潮騒聞く如く          再会を期して別れる寒露かな

     ふるさとの地酒を舐める寒露かな      再会は無きやも知れぬ寒露かな

     明日あると思ふあだ世の寒露かな      笑栗や幼に戻るクラス会

     笑栗の八重歯可愛ゆき少女かな       笑栗や背戸に弾ける子らの声

     まだ若き嫁御の手際萩を刈る         萩刈りや黒の作務衣の修行僧

     明日あると思へば萩を刈る身かな      杣道に野仏ひとつ萩を刈る

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋狂言 | トップ | 障子貼 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (MONA)
2016-10-11 21:31:04
>露の身や再会に見る浮き沈み
>露の身と説きし老僧逝きにけり
>露の世や美女なる故の幸不幸

昔の友達と逢うと、様々な人生に言葉少なになってしまいます。
お子さんを亡くされた方は、その前逢った時には、青春を謳歌しているお嬢さんの写真を見せてくれていたのに・・・ 
段々とクラス会の出席も気重になっています。
Unknown (畦夢̴)
2016-10-12 06:08:48
>露の身や再会に見る浮き沈み
>露の身と説きし老僧逝きにけり
>露の世や美女なる故の幸不幸

今生はまさに露の世・・
高僧も美女も等しく露の身なのですよね。
そんな命が繋がれて今の自分も生かされている・・
ふとそんなことを思うこのごろです(笑)。

つぶやき句は下記をいただきました。
*波高き越佐海峡朱鷺渡る   
*七十路の童の集ひ初紅葉  
*藁塚の墓碑の如くに並びけり         
Unknown (太郎ママ)
2016-10-12 06:58:52
「露の身や再会に見る浮き沈み」
「露の身と説きし老僧逝きにけり」
「露の世や美女なる故の幸不幸」

露の身・・・・実感しますね。

毎日たくさんの句を詠まれますね。
どれも心打ちます。
こんにちは (ポージィ)
2016-10-12 10:51:01
露の身 ほんとにそうですね。
そんな露の身の人生でも色々なことが起こり…悲喜こもごも
喜怒哀楽にともすれば振り回されるのが人の一生なのかもしれません。
できるならば、いちいち動じず静かに穏やかに暮らしたい
とも思いますが、時に大波にさらわれてしまいます。
Unknown (たんと)
2016-10-12 15:49:12
小学校のクラス会とは長続き、スゴイですね。
ワタシは高校の同期会は続けていますが
いろんな境遇の人たちと接すると「人生いろいろ」を実感しますね。
Unknown (桜姫)
2016-10-13 11:05:34
 < 露の身や再会に見る浮き沈み
 < 露の身と説きし老僧逝きにけり
 < 露の世や美女なる故の幸不幸

クラス会羨ましいです🎵
色々な方の人生模様が解るんでしょうね🎵
そしていろいろな経験を聞かれて!
生活の知恵も授けて貰えますね(^^♪


故郷の人みな早寝虫の闇
笑栗や幼に戻るクラス会
まだ若き嫁御の手際萩を刈る

を頂戴いたします🎵
Unknown (れいん)
2016-10-13 13:33:28
露の身や再会に見る浮き沈み
同級会での会合は楽しいでしょうね。
年毎に変わる身体の変化は止むを得ないと
思いますが鎌ちゃんさんは精神的に若々しいです。
これが身体の健全に繋がると思います。

露の身と説きし老僧逝きにけり
露の世や美女なる故の幸不幸
老僧も美女も寄る年波には抗えないですね。
自然体が一番でしょうか。


この峠越えれば故郷初紅葉
波高き越佐海峡朱鷺渡る   
七十路の童の集ひ初紅葉 

こちらをいただきました。
たくさんよい句があって選択に迷います。


Unknown (よ)
2016-10-13 20:28:08
この峠越えれば故郷初紅葉
笑栗や幼に戻るクラス会
七十路の童の集ひ初紅葉
再会は無きやも知れぬ寒露かな
再会を期して別れる寒露かな
ふるさとの地酒を舐める寒露かな

あの時の句ですね どれも心にしみます
上手いです 私はこんなに上手く詠めません
うらやましいです。教えてください
あの時の写真、近日中に送ります
 




     

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL