看護学校社会人入試の合格方法!(看護師保健師助産師志望)都立、大阪、愛知等全国看護学校・国立大学の合格者多数!絶対合格!

面接・小論文・志望理由書・英語・国語指導!社会人(看護助手/介護福祉士/医療事務/他職主婦)はサイト右上から敏塾に来たれ

作業療法士が青年海外協力隊でベトナムへ

2016-09-19 12:20:12 | 理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の話題
開発途上国の発展を支援するJICA(国際協力機構)の青年海外協力隊として、和歌山県御坊市の作業療法士、溝口景子さんが近くベトナム共和国へ派遣されます。首都ホーチミン市にある国立大学病院で、作業療法士の知識・技術を指導し、医療の向上に貢献することが任務です。

溝口さんは日高高校から大阪河﨑リハビリテーション大学に進み、作業療法学を専攻。卒業後は作業療法士として済生会有田病院に勤務しながら、ベトナムにはこれまで3回行き、うち2回はNGOの短期ボランティアとして子どもたちの生活環境や障害児教育に関する支援活動を行いました。ベトナムには作業療法士という職種がなく、今回は過去の活動を踏まえて、自身の経験を生かして本格的に現地の医療向上に貢献したいと、中学生のころから憧れていた青年海外協力隊に応募。十分な実務経験と国際貢献への強い熱意が伝わり、見事合格、派遣先も第一志望のベトナムに決まりました。2016年10月4日に出発し、2018年10月まで2年間、ホーチミン市医療薬科大学病院のリハビリ室で働きながら、理学療法士に日本の作業療法のノウハウを指導する予定です。

くわしくは日高新報でご覧ください。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 市立室蘭看護専門学院/2017... | トップ | 山形厚生看護学校/2017年度... »
最近の画像もっと見る

理学療法士・作業療法士・言語聴覚士の話題」カテゴリの最新記事