看護学校社会人入試の合格方法!(看護師保健師助産師志望)都立、大阪、愛知等全国看護学校・国立大学の合格者多数!絶対合格!

面接・小論文・志望理由書・英語・国語指導!社会人(看護助手/介護福祉士/医療事務/他職主婦)はサイト右上から敏塾に来たれ

大学の看護学部新設ラッシュはなぜか・・・男性看護師も急増、今や人気職業の1つに

2017-05-15 15:37:13 | 看護師・助産師・保健師の話題
5月12日は「看護の日」です。ご存知でしたか? これは、1965年から5月12日が「国際看護の日」に制定されていたのに合わせる形で、1991年に日本独自の形で制定されました。ただ、本当の始まりは、赤十字社がナイチンゲール(1820~1910)の誕生日にちなんで制定したものです。主旨としては、ナイチンゲールの誕生日に、看護や看護職について考えるということに変わりはありません。

なお、看護職と聞くと“看護婦”をイメージする人も多いと思われます。確かに、2001年までは女性の看護職を「看護婦」、男性の看護職を「看護士」としていましたが、2002年からは男女とも「看護師」に統一されています。ただ、英語表記は従来通り「nurse」のままです。“ナース”と聞くと、白衣の天使(女性)をイメージしてしまうのは、少し時代遅れなのかもしれません。

くわしくは投信1でご覧ください。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名古屋市立大学/2018年度大... | トップ | 藤リハビリテーション学院/2... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む