東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

県立播磨中央公園の紅葉

2013-11-30 06:08:04 | プライベート
 11月29日、午前中に時間ができたので、12月8日のへそマラソンに向けて、20キロ走を播磨中央公園で行いました。へそマラソンでは、ハーフを走ります。ハーフマラソンのコースは、へそ公園から黒田庄町の福地・岡・喜多と走り、地元前坂を折り返します。顔見知りの方ばかりの所を走りますから、今から緊張しています。



 久々に訪れた播磨中央公園は、天候にも恵まれ、多くの高齢者の方が散歩やジョギングを楽しんでおられました。西脇から散歩に来られている方もおられました。加東市議会議員の方や旧滝野町役場の職員の方にお会いしました。



 公園のもみじやいちょうは、綺麗な赤色や黄色に色づき、紅葉の見どころの時期でした。木々の紅葉を見ながら、気持ちの良い汗をかくことができました。
 1周10キロのコースを2周回ったのですが、1周目はタイムを気にしながらしっかりと走りました。2周目は、紅葉を楽しみながらゆっくりとジョギングしました。
 また、時間が出来れば、播磨中央公園に走りに行きたいと思っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『中学卒で税理士合格』(本坊美通著)

2013-11-29 05:13:00 | プライベート
 西脇市野村町在住の税理士・本坊美通先生が、『中学卒で税理士合格』を著され、私も1冊頂きました。



 本坊先生は、正義感豊富な真っ直ぐな性格の税理士さんということでよく知られています。私も、時々、本坊先生の事務所にお邪魔して、現在の税制上の問題点等を聞かせていただいています。
 本坊先生は、昭和11年生まれで現在77歳(喜寿)です。西脇中学校卒業後、姫路職業訓練校の経理事務科を終了され、会計事務所や織物商社で働かれるかたわら、超難関の税理士試験に挑戦されます。通常受験勉強は、1科目について800~1000時間は必要と言われているところ、仕事をしながら1日2時間で2年2ヵ月の期間で突破されました。また、税理士を開業されながらも、大学で学ばれ、昭和54年3月には近畿大学法学部法学科を卒業されています。さらに、2年前には、中央大学法学部法学科でも学ばれていました。
 著書では、税理士試験を無学で合格した記憶方法をはじめ勉強スタイル、信念を貫いた歩み等を赤裸々につづられています。本坊先生の生きざまに触れる思いで、著書を読ませていただきました。
 第1章 税理士とはどのようなものか
 第2章 落ちこぼれの少年時代
 第3章 税理士受験前の経理実務経験
 第4章 無学歴の税理士試験受験
 第5章 筆者の考えた税理士受験対策
 第6章 第2回目の税理士試験挑戦
 第7章 最終回の税理士試験受験
 第8章 合格発表の実務と開業
 第9章 学歴を求めて
 第10章 はみ出し税理士の実務
 余論  税理士の業界問題
 また、著書の中では、「小休止」が数多く設けられてあり、読者を楽しませてくれます。例えば、「希望を信じ、苦しみに耐えて 努力を」、「成せば成る 成さねば成らぬ何事も 成さぬは成らぬ初めなり」、「世界的に最低生活費に対しては非課税の原則がある。衣、食、住の最低限には課税しないのである。現在の我が国では月額27,500円、年額33万円である。」「希望を以って 信じる道を行く 逆境は自分を強くするチャンス」「最後の一歩まで努力せよ 朝の1時間は番の2時間に当たる 求めよ さらば与えられん」などなど。
 「喜寿の履歴書」にふさわしい本坊先生の著書でした。一人でも多くの方に読んでいただきたいと願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新人議員研修会

2013-11-28 05:26:54 | 市議会活動
 11月25日と27日の2日間、西脇市議会では、私達6人の新人議員を対象に議員研修会を開催してくれました。
 今回の研修の目的は、西脇市行政の組織、各部各課の取り組みと主要政策と課題について、部長と担当課長に説明いただき、質疑応答が出来るという内容でした。午前9時に開始し、お昼休みを挟んで午後5時近くまでかかりましたが、大変内容が濃く、行政について少し知っている私にとっても勉強になりました。
 西脇市は、総務部(総務課、秘書広報課、財政課、税務課、収税対策室)、ふるさと創造部(企画政策課、防災対策課、情報政策課、まちづくり課、行政経営室)、建設経済部(建設総務課、都市住宅課、地域整備課、商工労政課、農林振興課)、福祉生活部(福祉総務課、長寿福祉課、児童福祉課、市民課、健康課、環境生活課)、上下水道部(総務課、工務課)、西脇病院、教育委員会(教育総務課、学校教育課、生涯学習課、人権教育室、生活文化創造センター、中央公民館、青少年センター)、監査委員会、公平委員会、選挙管理委員会、農業委員会等の組織からなっています。
 それぞれの部署の説明を聞きながら、目標を持って取り組んでいる課、職員の努力がよく分かりました。合併協議の中で、10年間で約100名の職員を減らすという目標を立てました。合併後8年目の現在、約120名の職員が減っています。今後さらに、20名余りを減らす計画のようです。市行革(財政上)としては大きな成果が上がってきているかもしれませんが、あまりにも急激に減少したため、担当する内容が多く、十分に仕事が出来ていないようにも感じました。職員が意欲を持って取り組める体制を、新市長のもとで早急に創る必要があると感じました。
 また、27日早朝、「西脇市恋するフォーチュンクッキープロジェクト」の一環で、市議会議員でダンスを行いました。今回のプロジェクトは、西脇市の魅力と市民の皆さんの持つエネルギーを収録して、全国の皆さんに"多彩な西脇市の良さ"を知ってもらうことを目的としています。行政の呼びかけに議会も協力したものです。ダンスの上手な議員の方もおられましたが、私も含め不器用な方が多く、たった4秒の1コマとはいえ、どんな収録になったのかとても不安です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハローワーク西脇管内雇用状況

2013-11-27 05:25:56 | 産業・労働・雇用
 10月29日、ハローワーク西脇の藤井所長から管内の雇用状況やハローワークの取り組みを聞く機会を得ました。
 直近の有効求人倍率は、全国0.95、兵庫県0.78に対し、西脇管内0・85です。全国的には、景気は緩やかな回復傾向にありますが、中小零細企業が圧倒的に多い西脇管内はまだまだ厳しい状況であること、消費税増税により先行きを不安視している企業がほとんどであると話されていました。
 此度、上比延町に建設した西脇市工業団地に、コクボ製氷株式会社の進出に期待していることも話されました。正規職員20名(本社から5名、地元採用15名)、アルバイト職員30名を地元で採用されます。将来的には、本社機能も西脇に移転したい話されているとのことでした。西脇市にとって、「水がきれいで豊富」ということが大きな売りになっています。
 また、来年春に卒業する高校生の就職内定率は、昨年度に比べ若干良くなっているとのことでした。ただ、女子高生の中に、進学希望が多くなってきていることも指摘されました。



 さらに、ハローワーク西脇として、本年4月1日より障害者の法定雇用率が引き上げられたことに対応し、北はりま特別支援学校見学会に併せ「障害者合同就職面接会」を計画されていること、介護職の求人が多いことに対応し「介護職面接会」を計画していることも説明してくれました。
 ハローワーク西脇が管内の雇用を少しでも改善しようと、様々な取り組み、PRをしていることを頼もしく感じました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西脇市吹奏楽団第33回定期演奏会

2013-11-26 07:13:01 | 地域行事
 11月24日の午後、西脇市民会館において、西脇市吹奏楽団の第33回定期演奏会が開催されました。私も、知人から誘われ楽しみに行ってきました。



 西脇市吹奏楽団は、1981年5月、西脇南中OB吹奏楽団(1979年8月結成)を母体に結成されました。同年8月に、第1回定期演奏会を開催し、以後毎年開催しています。地域のイベントにも数多く出演し、地域にしっかりと密着した吹奏楽団として定着してきています。指揮者の藤原治先生をはじめ、西脇市内の各中学校吹奏楽部の顧問の先生方も一員として活動されていますし、各中学校吹奏楽部で活躍した生徒がやがて西脇市吹奏楽団に加入されています。私の教え子(黒中吹奏楽部)も、サキソフォーンの一員として頑張っていました。
 演奏会は、3部形式で構成されていました。1部のオープニングは、勇壮な『アルセナール』でした。続いて、スパーク作曲の『日はまた昇る』と『ニューヨークの週末』でした。『日はまた昇る』は、東日本大震災の災害を知ったスパークが、被災で亡くなった方への鎮魂と復興への強い想いを込めて作曲したことで有名です。



 第2部は、白いカッター・ブラウスで登場し、『気ままな音楽旅行』と題し、『情熱大陸』のテーマソングから中国の『蘇州夜曲』、中央アジアの砂漠のモスク、ヨーロッパのアルプス、北欧の田園風景、スペインの闘牛場、アメリカ合衆国、南アメリカのサンバ、そして日本の『ふるさと』へと帰ってきました。楽しい音楽旅行でした。
 第3部は、NHK大河ドラマ「八重の桜」のメインテーマ、『オータムシーズン』、『Song Of The Prairie 』 でした。



 3部とも聞きごたえがあり、さすが伝統ある西脇市吹奏楽部だと感じました。指揮者の藤原先生を含め、一人ひとりの団員の方が自信に満ちた演奏態度でした。仕事を持ちながらの練習ですから大変だろうと想像しますが、好きな吹奏楽を楽しみながら仲間と共に練習されていることがよく分かりました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第4回黒田庄駅伝競走大会

2013-11-26 05:53:26 | 地域行事
 11月24日気持ちの良い秋晴れでしたが、私の地元で「第4回黒田庄駅伝競走大会」が行われました。



 以前は、黒田庄町内14ヶ村をすべて回る町内一周駅伝競走大会として、全国高校駅伝競走大会と始まりが一緒という伝統ある大会でした。しかし、西脇市との合併後、行政が直接支援ということがなくなり、交通規制が少なく比較的運営のしやすいい、黒田庄グランドをスタート・中継・ゴールとする大会に変わりました。7区間、18キロの大会です。
 今年は、9チームの参加でした。約1カ月間、部落ごとに練習を毎晩のように行ってきた成果を競い合いました。優勝は岡Aチーム、準優勝は黒田チーム、3位は田高でした。
僕も、アップの際、子ども達と一緒にコースの3キロを一緒に走らせてもらい、よい汗をかきました。



 各部落の体育委員の方が、子どもたちから大人までのチームを整え、練習をするのは大変だったと思います。また、大会運営にあたっていただいた黒田庄スポーツ振興会の皆さんにも大変お世話になりました。黒田庄交通委員の皆さんも、交差点ごとに立ち番をしてくださっていました。ありがとうございました。
 伝統ある大会として、これからもぜひ、継続していただきたいと願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

いきいきふれ愛まつり

2013-11-25 05:50:47 | 地域行事
 11月23日、西脇市民会館や西脇市役所前で「いきいきふれ愛まつり」が、秋晴れの中、盛大に開催されました。



 「いきいきふれ愛まつり」は、西脇市社会福祉協議会を中心に萩ヶ瀬会館に集う市内の福祉関係団体や学校が実行委員会を作り、毎年11月23日に萩ヶ瀬会館で行っていました。今年は、駐車場の関係で会場が変更になりましたが、雨が降っても対応できるため良い選択だったように思いました。



 市役所前広場では、各種の模擬店やバザーが出展されていました。カレー、ぜんざい、とん汁、焼き芋、お好み焼き、特産コロッケ、フランクフルトなど。私もたくさんよばれました。また、社協事業の一人暮らし高齢者への「ふれあい給食サービス」の弁当の販売もされていました。
 白ゆり会や虹の会工房・たんぽぽ作業所・杉の子ルームの手作りクッキーや焼き菓子、マドレーヌ、ランチマット・コースター等の販売も行われていました。白ゆり会では、野外での紙芝居の読み聞かせに挑戦されていました。



 市民会館中ホールでは、ステージコーナーが設けられ、リラックスのコンサート、フラダンス、小・中学生・西脇北校生の福祉学習で学んだ意見発表が行われました。私は、リラックスのコンサートを楽しみにしていたのですが、時間を間違えて聞きそびれてしまいました。
 市民会館内の会議室では、点字体験、朗読体験、手話体験、食育体験、折り紙・バルーン体験等の福祉ボランティア体験ができるようになっていました。私が行ったとき(お昼前後)は、体験活動をしている方が少ないように感じました。ぜひ、子ども達に体験してほしいなと思いましたので、少し残念でした。



 実行員会のメンバーが、様々な工夫をした催しをしてくれていましたが、もう少し会場案内を行ったり、見学者の誘導するルートを考えると、もっと多くの市民の皆さんに見ていただくことができたと思います。
 「いきいきふれ愛まつり」としては初めての会場変更だったので、今後の工夫に期待したいと思います。
 また、西脇市社会福祉協議会の新会長に大久保氏が就任されました。現在、精力的に動かれています。西脇市社会福祉協議会に、新しい風を吹き込んでいただくことを期待しています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

にしわき産業フェスタ・西脇市農業祭

2013-11-24 07:34:28 | 地域行事
 11月23日、気持ちのよい秋晴れでしたね。西脇市内では様々な催しが行われました。私は、午前9時から始まった技能功労者表彰や永年勤続表彰を行う「勤労感謝の日記念式典」に参加したのち、「にしわき産業フェスタ・農業祭」と「いきいきふれ愛まつり」を楽しんできました。



 「にしわき産業フェスタ」と「西脇市農業祭」は、ここ数年一緒に、西脇市総合市民センター(カルチャーセンター)を会場に開催されています。
 カルチャーセンターのグランドでは、よしもと興業の「かりんとう」の2人が総合司会を務め、会場を盛り上げてくれていました。1・2年生中心の西脇吹奏楽部の演奏、よさこいやヒップホップ、ジャズのダンス、マジックショー等が繰り広げられました。



テントでは、黒糖丸本舗、おおばん屋さん、ポッポッポ、そらとぶじゅうたん、酒販組合、料飲組合、梅吉亭、ロイヤルホテル、ソロプチミスト加杉野、旬菜館の野菜即売会、黒っこマザーズ、和牛同志会、JAみのり、日本のへそゴマ研究会等、所狭しと賑わっていました。子ども達が喜ぶヘソレンジャーの登場、ふあふあ遊具も用意されていました。西脇工業高校生のロボットも、楽しかったです。



 私は久しぶりにお会いする方が多く、市議会議員になったことへの激励や要望等を聞かせてもらいました。また、行く先々のお店で呼び止められ、てんぷら、焼きそば、コーヒー等をいただきました。
 体育館では、神戸芸術工科大学がトートバッグの展示やオリジナルTシャツの作成、播州釣り針協同組合が毛ばり製作の実演を見せてくれていました。消費者協会や納税協会の皆さんの啓蒙活動や企業の展示も数多くありました。また、エプロンやインテリアマット等の即売会も開かれていました。



 にしわき産業フェスタ・西脇市農業祭は、23日と24日の2日間開催されます。一人でも多くの市民の皆さんに参加していただきたいと願っています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西脇市勤労感謝の日記念式典

2013-11-24 07:34:09 | 地域行事
 11月23日は、「勤労感謝の日」の国民の祝日です。西脇市ではこの日を記念して、西脇市行政と市内の労働者団体の連合体である西脇市労働者福祉協議会との共催により「西脇市勤労感謝の日記念式典」を、毎年西脇市地域職業訓練センターで行っています。



 この式典では、西脇市技能功労者表彰が行われます。平成25年度は、9名の方が受賞されました。52年間自動車整備工として頑張られた藤井さん、46年間自動車整備工として頑張られた成瀬さん、49年間電気工事作業者として頑張られた井村さん、39年間建築鉄筋工として頑張られた吉川さん、45年間建築大工として頑張られた原田さん、42年間屋根ふき工として頑張られた田淵さん、47年間配管工として頑張られた山川さん、40年間配管工として頑張られた杉岡さん、41年間貴金属等の組立工として頑張られた藤原さん。私も個人的にお世話になった方々が多く、自分のことのように嬉しくなりました。



 また、永年勤続功労表彰を受けられたのは、JP労組の藤原さん、西脇市職の前田さん、井上さん、神姫バスの湯浅さん、さらに来年退職を迎えられる赤松先生、來住先生、松本先生、村井先生の9名でした。
表彰を受けられた方々は、長年自分の仕事一筋に打ち込み、技能を磨かれてこられました。また、後継者の育成にも力を注いでこられたと思います。本当にご苦労様でした。今後も、健康に十分気を付けられ、後継者の育成等にも頑張っていただきたいと願っています。
 勤労感謝の日記念式典の第2部は、勤労者の方々向けに、『お手軽・簡単・健康術』と題した講演やお楽しみ「大福引抽選会」が行われました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

西脇市議会のスタート

2013-11-23 07:36:37 | 市議会活動
 11月21日・22日の2日間、西脇市議会では臨時議会が開催されました。無投票でしたが、先の選挙で選ばれた16名の市議会議員(2名の方は病気療養で欠席でしたが)による臨時議会でした。
 臨時議会の目的は、市議会議長・副議長をはじめとする市議会の役員構成を決めること、台風18号被害者への補償や西脇工業高校陸上競技部の全国大会出場への応援事業への支出の専決処分についての議案審議でした。専決処分については、全議員の賛成により承認されました。
 議会内の選挙により、新議長には林晴信議員、副議長には中川正則議員が選出されました。本会議に先立って行われた議員協議会で、立候補者の意見表明が行われたことが、当たり前とはいえ議会内民主主義の基本だと考えました。
 西脇市議会には、総務文教常任委員会と民生産業常任委員会の2つの常任委員会があります。私は、民生産業常任委員会に所属することになりました。また、議会広報編集特別委員会にも所属することになりました。他の市町と共同で運営する組合議会では、北播磨こども発達支援センター事務組合(わかあゆ園)と北播磨清掃事務組合(みどり園)、氷上多可衛生事務組合(南桃園)の議員になることになりました。
 私の議席番号は、4番です。本会議場の議席は、最前列の中央です。決して、居眠りができません。「西脇市議会の4番打者」のつもりで頑張りなさいと言われているように感じています。
 合併後第3期目となる西脇市議会が、正式にスタートしました。林議長・中川副議長のもと、市民の信頼を回復しより開かれた西脇市議会となるよう、16名の議員がそれぞれの立場で頑張ることが必要です。私も、これまでの経験を生かしながらも、初心に帰り頑張りたいと考えています。
 12月議会も、間もなく開催されます。片山新市長の所信表明演説やそれに対する質疑、一般質問も予定されています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加