東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

西脇北高校のオープンスクール

2017-05-13 04:15:46 | 教育・子育て
 5月11日(木)の午後、西脇北高校のオープンスクールに行ってきました。西脇北高校は、毎年、オープンスクールの案内を私たち西脇市議会議員全員に送付してくれています。毎年、私は西脇北高校の先生方や生徒たちの頑張りを見せていただくのを楽しみに、オープンスクールに行っています。



 今年のオープンスクールは、5月8日~5月12日の5日間行われました。私は、当初、初日の5月8日に見学に行く予定でした。しかし、急用ができ、11日の午後になりました。
 午後の授業は、1部の生徒の選択授業、2部の生徒の授業が行われていました。3年生の国語の授業では、村上春樹著『カンガルー日和』でした。授業案もいただき、生徒の関心を引き出しながら授業を組み立てていこうとされている先生の工夫が感じられました。1年生の現代社会も見せてもらいました。西脇北高校で、新たな一歩を踏み出しやり直そうとしている生徒もいて、活気を感じました。図書室で、選択の実用数学が行われていました。図書室が落ち着いた雰囲気で、勉強がしやすいと感じました。情報処理の授業は、パソコン教室で行われていたのですが、個別の指導と全体指導の難しさを感じました。



 職員室前の廊下に机を置いて、個別の指導をしている様子もうかがうことができました。先生方が、様々な問題を抱えている生徒たちに向き合い、工夫しながら授業を行っているのがよく分かりました。生徒も、自分のペースでジグザグしながらも、頑張っている姿を見ることができました。益々、西脇北高校を応援したいなと思いました。



 廊下には、ボランティア部の掲示版を設置されていました。西脇市内の様々なイベントのボランティア募集の紙が貼られていました。
 西脇北高校は、3部制の高校として、それぞれの生徒の進み具合に合わせ、高校でやり直そうとしている多くの生徒の立ち直りを応援していると感じています。そして、ボランティア活動を通じて、生徒たちに自信と高校への誇りを育てているように感じています。当然、地域の方々は、西脇北高校のボランティア活動に助けられています。先生方の献身的な取り組みに、頭が下がる思いがします。本当に、ご苦労様です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 久しぶりの献血 | トップ | 自治同友会理事会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

教育・子育て」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL