東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

小野起生園見学

2009-07-30 17:38:05 | 県議会
7月30日、県議会健康福祉常任委員会の皆さんが、北播磨に管内調査に小野起生園と北播磨県民局に来られ、私も同行しました。
 小野起生園は、青野ヶ原にあり、一般企業への就労希望されている障害者の方に、「訓練の場」を提供すると共に、介護が必要とされている障害者の方に入浴・排泄・食事等を提供し、社会生活を営むことができるよう支援しています。兄弟施設として、小野福祉工場が隣接しています。現在、社会福祉法人「兵庫県社会福祉事業団」が、運営しています。
 昭和49年に開設された歴史のある施設ですが、私は今日初めて訪問しました。最初に、小野起生園と小野福祉工場の沿革や事業内容等の説明を受けた後、施設見学を行いました。障害者の皆さんが、少しでも自立しようと一生懸命作業に取り組まれている姿が印象的でした。作業内容は、神菱電気や三洋電機等の部品の組み立てが主な内容で、障害の程度により、作業内容も異なっていました。
 起生園の定員は73名で、福祉工場の定員は60名で、ほぼ定員いっぱいの方が利用されています。利用者は、通ってこられる方(通所)と入所されている方(入所)に分かれます。施設の敷地内に「住まいの場」が設けられており、定員40名です。西脇市からも、1名の通所者、2名の入所者の方が居られます。
 初めての訪問でしたが、障害者の自立支援に向けた様々な訓練、作業を見ることができ、勉強になりました。近くに、小野特別支援学校や国立青野ヶ原療養所もあり、施設間の連携も行われているそうです。
 西脇・多可地域にも、本格的な障害者の自立支援が行なえる授産施設が必要だということも、認識しました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第69回特別展 『これなあ... | トップ | 兵庫県新漁業調査船『たじま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

県議会」カテゴリの最新記事