東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

第12回宍粟市さつきマラソン大会

2017-04-19 03:23:48 | プライベート
 4月16日、第12回宍粟市さつきマラソン大会(ハーフマラソン)に黒田庄ランナーズの皆さんと一緒に参加してきました。



 日中の気温が25度を超える暑い中でのマラソン大会で、昨年の苦い経験を思い出しました。昨年も、日中急に気温が上がり、前半のハイペースのたたり、折り返し地点頃から熱中症のような状態になり、歩いてゴールしました。今年も、2人のランナーが救急車で運ばれていました。厳しい暑さの中でのマラソンでした。
 さつきマラソン大会は、5㎞の部、10㎞の部、ハーフの部に別れています。5㎞の部には362名、10㎞の部には745名、ハーフの部には1,499名の申込がありました。さつきを楽しみながら走ろうと始められたマラソン大会ですが、今年は桜が満開の時でした。



 さつきマラソン大会のハーフのコースは、折り返しまでは緩やかな登り(スタート地点との高低差150m)です。折り返してからは、緩やかな下りになります。そのため、前半を抑え気味に走り、後半頑張ろうという作戦でした。ただ、あまりの暑さに、後半もバテバテでした。ただ、途中で、宝殿中学校の教え子の町田君や今井君、ランナー仲間の依藤さん、北脇さんに励まされ、走り切ることができました。また、最後の2㎞は、知人の黒田先生がリズムをとってくださったので、ラストスパートをかけることができました。



 結果は、1時間35分2秒でした。16部ハーフ60歳以上男子201名中、9位でした。さつきマラソンは、10位まで表彰されるので、私も表彰台に立つことができました。ラストでデットヒートを繰り広げた方が10位で67歳の方でした。無事に走り終えることができホッとしています。
 宍粟市では、旧山崎町時代から続くさつきマラソンを盛り上げようと頑張っておられます。大会の閉会式では、餅投げまで行われていました。



 マラソンを通じて心の許せる友人が、数多くできています。また、宝殿中学校や黒田庄中学校の教え子たちとも、マラソンを通じて交流も復活できています。時間の許す範囲で、ランニングを続けたいと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 福地地区雨水ポンプの完成 | トップ | 竹内晴行さんの風景写真展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL