東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

小林明美『えんぴつフェイス画展』

2016-09-20 04:41:11 | 地域行事
 西脇市旧來住家住宅では、今年も小林明美『えんぴつフェイス画展』が開催されました。今回で7回目となる作品展ですが、今回も楽しみに行ってきました。



 私も、数年前に小林さんに似顔絵を描いてもらいました。その似顔絵を、図書室に飾っています。小林さんの似顔絵は年々上達していっていることは、絵には素人の私でもよく分かります。それは、小林さんの技術・画法が上達していっていることはもちろんですが、それ以上にお孫さんをはじめ自分の周りの人々を温かく見れる小林さん自身の人間性が大きくなってきているからだと思います。 

rc="http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/27/a7/706f2ce1f90a0aba839ba4523dd07954.jpg" border="0">
 
 小林さんの似顔絵は、描く鉛筆の線がとても柔らかく、そして精密に描かれています。一枚の似顔絵に描くうえで、小林さんの情熱が注ぎ込まれているようです。時間も、かけていると思います。
 私が訪問した時、小林さんがおられ、久しぶりに出会いを喜びました。昨夜も、遅くまで地域の懇親会があり、今朝は食事の支度等の家事を済ませ、来られたそうです。少し疲れ気味のような感じがしました。でも、小林さんは、話し出すと止まりません。本当に、元気です。



 小林さんの描かれた一人ひとりの似顔絵を、見せていただきました。似顔絵を見ながら、自分の心が癒されて行っているような気がしました。特に、子ども達の笑顔の似顔絵、高齢者の方のしわがいっぱいの顔が、私は大好きです。
 今年も、私がよく知っている方々の似顔絵も、ありました。楽しかったです。
 小林さんには、これからも健康に十分気を付けられ、一人でも多くの似顔絵を描き続けていって欲しいと願っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『原田昇と絵を描く仲間たち展』 | トップ | 台風16号の被害 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL