東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

例月出納検査

2016-10-20 05:10:50 | 市議会活動
 10月14日、朝から夕方まで、監査委員として6月・7月・8月の例月出納検査を行いました。
 例月出納検査は、毎月行うのが基本ですが、決算監査があったため、今回は3ヶ月の出納検査でした。出納検査ですから、西脇市の出納(収入と支出)を直接的に担当している会計課と、企業会計を採用している病院事業、上水道事業、下水道事業の会計の監査を行います。
 会計課は、西脇市の一般会計、特別会計の資金(お金)の管理を行っています。各課から出される支払命令書に基づき、支出を行い、収入の受け入れを行います。そして、各月ごとに、各会計の残高や基金残高を明らかにし、普通預金、定期預金、債券を監査の対象として、提出されます。監査委員として、預貯金の計数に誤りがないかを通帳でも、確認します。また、収入・支出について、疑問があれば説明を求めます。
 代表監査とともに例月出納検査を行ったのですが、会計課では資金運用について、病院事業では患者への対応について、上下水道事業では新規の加入分担金や一般会計からの繰り入れ等についても、意見が出されました。
 12月からは、定期監査が行われます。定期監査は、行政監査といわれるように、各部各課が課題に対してどのように取り組み成果を上げたのかを監査委員の立場で検証します。来年度に活かせるような定期監査ができればと考えています。
 また、11月1日と10日には、監査委員の研修が行われます。私にとって初めての研修ですので、しっかりと聞いてきたいと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北はりま第九合唱団・団員作品展 | トップ | 西脇市認知症介護者の会10月例会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL