東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

秋晴れの中での運動会

2016-10-16 03:51:00 | 教育・子育て
 10月15日(土)、気持ちのよい秋晴れの一日でした。私は、午前中、3つの運動会・体育大会へ行ってきました。
 重春幼稚園は、来年3月末で閉園となり、重春地域の幼児教育の中心的役割を果たしてきた75年間の歴史を閉じます。そのため、運動会も最後となります。

 
 
 4クラス112名の園児が、大きく手を振って、立派に入場行進を披露してくれました。園児のやる気を感じる入場行進でした。演技「重春オリンピック」では、園児一人ひとりが努力してできるようになった竹馬、フラフープをみんなに披露してくれました。運動場の周りには、保護者の皆さん、祖父母の皆さんがぎっしりと来られており、声援を送っておられました。



 ひよこ保育園は、園児一人ひとりの成長がよく分かる運動会でした。どの演技でも、子ども一人ひとりの名前が呼ばれ、演技が始まります。3歳児のひかりのこの演技「大空に向かってやったー!」や4歳児のかぜのこ組の演技「元気いっぱい!力いっぱい!」は、空中ブランコやジャンプを一人ひとり演じてくれました。最後に、着地した時に両手を広げてポーズをとる姿がとても、得意げで「頑張ったよ」という気持ちが表現されていました。園児の演技を見ていて、気持ちがよくなりました。卒園生たちや兄弟姉妹が参加する演技もあり、ひよこ保育園ならではの運動会だと思いました。



 西脇北高校第47回体育大会には遅れての参加でしたが、閉会式までいることができました。1部・2部・3部の対抗戦形式の体育大会は、生徒たちの若いエネルギーを感じました。部活動対抗リレーでは、ウエイトリフティング部がおもりを持って走ったり、バスケットボール部がドリブルして走ったりと面白かったです。混合リレーや綱引きは、力強さを感じました。私も、優勝した1部の生徒と育友会チームの綱引きに参加させてもらいました。育友会(保護者)の皆さんも多く参加されており、年々盛大になっているように思います。
 先日行われた市内の小学校の運動会は、全種目ができなかったことを思えば、運動会日和の一日で本当に良かったです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 就労継続支援B型事業所『そ... | トップ | 西脇中学校吹奏楽部第14回「... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL