東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

議会だより特別号「若者が拓く西脇の未来」

2017-09-05 06:27:25 | 市議会活動
 西脇市議会の議会だより特別号「若者が拓く西脇の未来」が、市内の全家庭に配布されました。
 市内で出会った知人から、『議会だより特別号を見たよ』と声をかけられました。また、『西脇市議会は、面白いことをやっていますね。』とも言われました。



 議会だより特別号「若者が拓く西脇の未来」は、7月に行った「高校生版議会報告会」の報告です。具体的には、7月11日に行った西脇北高校での1・2部の生徒と3部の生徒を対象とした2回の議会報告会、7月14日に行った西脇高校1年生を対象としたクラスでの各ワークショップ、7月18日に行った西脇工業高校生徒会役員・クラス委員長を対象としたワークショップでした。
 私は主権者教育検討小委員会のメンバーとして、昨年4月から取り組み、視察も行い、市内3校での「高校生版議会報告会」にこぎつけることができました。議会だより特別号を読みながら、これまでのことを振り返っています。
 議会だより特別号は、写真をふんだんに掲載してあり、大変見やすく工夫されています。記事は、西脇北高校ではアンケートよりの生徒の意見、西脇高校・西脇工業高校では西脇市の長所・短所、課題解決に向けて、紹介されています。
 裏面では、3高校の先生方の「議会報告会を終えて」という意見が紹介されています。西脇北高校の山本校長は、『高校生版議会報告会は大成功に終わったと思います。』、西脇高校の北之園教諭は、『自分たちのクラス未来について真剣に議論する機会を得ることができ、本校生徒にとって良い経験となった。』、西脇工業高校の倉教頭は、『生徒たちも、西脇市のことについて住みよい市になるように生徒目線で考えてくれました。』と述べられていました。3高校とも、高校生版議会報告会を高く評価してくださっていて、ホッとしています。また、来年度も続けて行っていただきたいと述べられていることに、心強さを感じています。
 議会の中だけでなく、市民の中へ、高校生や若者の中へ飛び込んでいく市議会でありたいと思いました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« さなぼりグランドゴルフ大会 | トップ | 黒田庄町小苗のふれあい喫茶 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (風の樹人)
2017-09-04 19:43:57
地道な活動を続けられることを祈ります。
 私など、気が付けば後期高齢者に成って仕舞って、自嘲しないと、若い人たちが育たないと思うようになって仕舞いました。
 ただ、何歳に成っても、「若者を育てる」と言うような力もなく、風が行き過ぎるような感じの日々を送っています。
 先ほども、90後半に入った「高田日出子」と言う須磨の女史から、県の美術団体退会のあいさつの電話が入りました。 引き止めましたが、自分としては、精一杯生きて、描き切ったとのお話し、長い挨拶をお受けしたばかりです。
 淋しい年齢に達しているのだと、私自身も考え込んでいるところです。
 良識だけではなく、便器用を忘れない「時代の先見性を論じられる議員」としてのご活躍を期待いたします。
期待に添えられるように頑張ります (東野としひろ)
2017-09-05 19:55:46
風の樹人さんの言われるように、「時代の先見性を論じられる議員」になれるように頑張りたいと思っています。特に、私の場合、教師を長くしていたこともあり、次世代の育成をいつも心していきたいと思っています。助言、ありがとうございました。

コメントを投稿

市議会活動」カテゴリの最新記事