東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

第36回西脇市吹奏楽団定期演奏会

2016-11-20 04:50:59 | 文化・スポーツ
 11月13日の午後、西脇市民会館大ホールで、第36回西脇市吹奏楽団(西脇市吹)定期演奏会が行われました。



 大ホール満員の聴衆でした。西脇市吹の演奏が、多くの市民の皆さんに期待されていることがよく分かります。西脇市吹演奏会が、36回を迎えたという歴史も、市民の皆さんの中にしっかりと浸透しているからだとも思いました。



 聴衆の中には、私がよく知っている北はりま第九合唱団のメンバーや市民オーケストラの方も多く来られていました。また、市内4中学校の吹奏楽部の生徒たちも来ていました。
 西脇市吹の指揮者は、西脇南中学校吹奏楽部顧問の藤原治先生ですし、クラリネット奏者の阿部千裕先生は西脇東中学校音楽部顧問です。前黒田庄中学校吹奏楽部顧問の衣川正昭先生も、西脇市吹のメンバーです。北条高校吹奏楽部顧問の衣川顕子先生も、クラリネット奏者です。私の教え子の神月さんも、サキソフォーン奏者として頑張っていました。トロンボーンでは、増山博也さん・菜月さん父娘が競うように頑張られていました。
 演奏者それぞれが、生き生きと自分の役割を果たされて、素晴らしいハーモニーを奏でていました。
 オープニングの『ジュビリー序曲』、『吹奏楽のための第1組曲』、とても素晴らしかったです。聴いていて、心が躍るような気持ちになりました。『ポルコ・ロッソ』は、映画「紅の豚」の曲でしたから、演奏を聴きながら先日テレビの再放送で見た映画を思い出していました。
 先日聴いた中学生の演奏も素晴らしかったですが、西脇市吹の演奏は大人の演奏だと思いました。
 私は、タマネギの植え付けを夕方妻とする約束があったため、1部だけを聴いて帰りました。2部が聴けなくて、大変残念でした。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 認知症サポーター養成講座 | トップ | タマネギを600本植えました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL