東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

北はりま第九合唱団・団員作品展

2016-10-19 04:04:49 | 地域行事
 北はりま第九合唱団は、第20回北はりま第九公演を12月11日に多可町ベルディホールで行います。20回記念公演として、延原武春指揮のテレマン・シンフォニー・オーケストラの演奏をバックに第九を歌われます。
 北はりま第九合唱団は、市民合唱団として、すべて手作りで運営されています。その手づくりの温かさが、新しい団員を加え、20年間の歴史を創り上げてきています。団員の皆さんは、多種多芸の方が多くおられます。



 今回、団員作品展を、北はりま田園空間博物館で10月11日~17日の間、開催されました。私も会場いっぱいの作品展を見学させていただき、改めて団員の皆さんの文化的素養の幅広さに驚かされました。それぞれの作品は、本当に見応えがありました。



 北田久代(アルト)さんは民話の一コマを思わせるような作品を、小嶋三紀子(ソプラノ)さんの戸塚刺繍、小松原謙介(テノール)さんの油絵、黒澤正治(バス)さんのデザイン画、白髪恵美子(アルト)さんのクロスステッチ、杉本美智代(アルト)さんの木彫りと草木染め、橋間嘉寿美(ソプラノ)さんのロマンドールとシャドーボックス、橋間幸代(アルト)さんの書、廣田昭治(テノール)さんの水墨画、藤井靖代(アルト)さんのモラ、藤原里江子(アルト)さんのパッチワーク、古谷みどり(ソプラノ)さんの陶芸、宮脇京子(ソプラノ)さんのブリザーブドフラワー、山中チエ(アルト)さんのパッチワーク、米田育子(アルト)さんのちぎり絵、大久保友恵(アルト)さんの革細工、飛田昌子(ソプラノ)さんの刺繍などなど。



 また、中根美津子(ソプラノ)さんは、詩集『六人七脚』を、藤本忍さんは、創作童話『彼岸花』を展示されていました。
 第20回北はりま第九公演には、私は参加しません。十分練習できない自分は、参加すべきでないと考えたからです。でも、第20回記念公演が成功するように、チケットの販売や会場準備等、私としてできる協力をしっかりしようと考えています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年度市町村議会議員研... | トップ | 例月出納検査 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL