東野としひろ活動NEWS

東野としひろの活動報告やメッセージをお届けします。

9月のスタート

2017-09-03 04:11:42 | プライベート
 9月1日、秋晴れの涼しい朝でしたね。2学期がスタートしました。近所の小学生は、久しぶりに集団登校で出かけました。中学生は、自転車で登校していきました。9月9日に中学校体育祭、17日に小学校運動会が行われます。2学期が始まると、すぐに体育祭・運動会の練習だと思います。



 私は、いつものように5時起きで早朝ランニングをした後、7時~8時の1時間、登校の見守りとともに朝のあいさつを国道175号沿いの畑瀬橋で行いました。
 私が畑瀬橋の交差点に立っていると、通勤途中の黒田庄の知人が手を振ったり、クラクションを鳴らして合図を送ってくれました。快い気温だったので、窓を開けておられる方も多く、停車中の車に『おはようございます』と挨拶をすると、挨拶をかえしてくれました。



 途中から黒田庄交通委員の横山さんが立ち当番ということで一緒に立たれました。また、国土交通省兵庫国道事務所の職員が、国道175号の交通量と高校生の通学状況について調査に来ていました。国道事務所の職員に、175号の通学路としての危険性について説明しました。
 西脇市議会6月議会で、国道175号を通学路として使うことは大変危険性が高いため、「県道津万井西田線における自転車の安全な通行確保を求める意見書」が全員一致で採択され、兵庫県に提出しました。西脇高校・西脇工業高校へ通学する生徒たちの多くは、これまでと異なり、日野の峠を越えて行っていました。ただ、これまで同様に国道175号を活用している生徒もいました。高校生に挨拶をすると同時に、くれぐれも気を付けるように声をかけました。
 朝の1時間余りの交通立ち番でしたが、天候に恵まれたこともあり、とても気持ちがよかったです。4日(月)には中央橋で、55日(火)には上戸田南の交差点で、行いたいと考えています。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加