蕎麦の散歩道

美味しい蕎麦と、楽しい食の道を歩む。

ふじおか  長野   特別なことはしていない、そんな顔がいいな

2012-10-28 07:24:51 | 北陸・信州・房総の旅

別荘に見える

黒姫にあった頃に一度訪問していた。いまはそこから現在のところに
居と庵を移し、また多くの客を迎えているようだ。
このあたりは別荘地で、蕎麦屋の店構えを想像していると見逃してしまう。

ピアノが置いてある
この店に合う音楽はクラシック、その音に迎えられる

「ふじおか」に触発されて、自分も手打ちの道にへと入ったという人も多いと聞く。
また、黒姫初期の当時、野菜料理と蕎麦の組み合わせを見て、それからヒントを得て
東京やその近郊で新しいスタイルの蕎麦屋を興した店も数店ある。
いずれにしても、現代蕎麦屋に影響力をもたらした店のひとつだ。
ある時から完全予約制になったようだ。

ガラス越しの打ち場

手打ち場がある。道具が整然として、客の目に触れるところが綺麗で、蕎麦粉が
散っていることがない。気持ちの良い訪問になる。
女将が快活で明るい。何かを言えば、すぐに答えが返ってくる。
この高原の明るさに違和感がなく、清清しい。



手前はまこも竹の薄味煮、左上が茄子の味噌煮、その上がこんにゃくの辛煮
上右がセリと菊煮、真ん中右がイチジクの白合えにブル-ベリーソースがけ

野菜盛りが楽しい。田舎風にすこし辛目の味付けのものと、白合えやまこも竹のように
薄味のもので変化がある。運転手の方に悪いが、ここは日本酒を頂くシーンになる。
高原でほろりと酔う、ふじおかに行くと聞いていたときから想像していた。
7年前くらいに来たときもそうだった。そのときからは、この野菜の組み合わせ、味付けが
さらにいい感じで深化している。

蕎麦のきのこおじや

おじやの出し汁が旨い。蕎麦の実の茹で加減がよくて、ほろほろした食感
で、茸の味わいが深みを出し汁にあたえている。伊賀の土を使った土楽鍋
だそうだ。同行した人が器に詳しく、この鍋や蕎麦猪口の出処や作家を
言い当てる。それだけ器にもこだわりがあるのがうかがえる。

「ソニーRX100」



信濃の新蕎麦だそうだ。香りがよく、品がある。食感は独特で、歯にパリンとした
ものが当って、粘りがあとで来る。二枚腰のような切れ味で、水こねの更科そばの
ような硬質な腰だ。
粗い甘皮だけを除いて、あとは無篩いだそうだ。粉の分布を広くして、粗挽きの粉
の配分は厚くなるように石臼を調整すると聞いた。
7年前に来たときはそんな食感すら理解できなかったし、石臼のことなども知らなかった。
また、蕎麦も進化しているのかもしれない。



もちろん、蕎麦は二枚頂いた。誰ももういいとは言わなかった。
後に品書きを見て、そばがきをなぜ追加しなかったのか後悔した。



4人分のお漬物、みんなの口でパキパキ、シャキシャキ、という音がその漬物が美味しいと
言っていた。これは完食。箸は利休箸、手先と頭が両方使えて、取り回しにも
配慮してある。



平日のお昼はそんなに混雑はしないようだ。やや寡黙なご主人と明るい女将さんに
見送られて帰る。色んなことを質問した。聞けば細かく答えてくれるが、必要以上なことは
返ってこない。
特別なことはしてないです・・・、そんな顔の表情が印象的だった。

長野市大字上ヶ屋2471-2066 026ー239-2677


http://diamond.jp/category/s-sobaya


ダイヤモンド社刊(検索
著作・鎌 富志治(かま としはる)・夢ハ

夢八メール・toshiharu2316@jcom.home.ne.jp




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 祈年 手打ち茶寮  西麻布... | トップ | せきざわ  小布施   蕎... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あ、ほんとだ (モグたん)
2012-10-29 08:20:35
蕎麦掻きあったのですね。私も気が付きませんでした。
新蕎麦、美味しかったですね。
あんな蕎麦を食べると、益々蕎麦って奥が深いと思ってしまいます。
そばがき (夢八)
2012-10-29 11:04:05
みんなでシェアすればよかった。

何か物足りないなとは思ったのですが、
写真のメニューで気が付きました。

蕎麦はみんな違うし、その深さは
亭主の思考の深さや、行程の追及もあるんでしょう。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。