バルサルバ洞動脈瘤の手術・紫斑性腎炎

これから、バルサルバ洞動脈瘤の手術をする方のお役にたてばと思いブログを立ち上げました。家内が甲状腺癌にかかり今闘病中

まさかの、救急外来に診察。

2016-10-15 14:01:05 | 日記
昨夜から、胃のあたりの激痛!

ほとんど、うつらうつら!

胃の痛みが治まったら、今度は、下腹部。

おまけに、熱発!

んんん?盲腸の症状に似ている。

やばい!手術なんて、まっぴら!

夜をなんとか、我慢して、朝一番で、Hクリニックへ診察に。

Drも、盲腸くさいねー。直ぐS病院の救急にかかりなさい。

紹介状書くからね。

車は、置いて行きなさいよ。ひょっとすると、そのまま、入院になるかも?

っと、脅されて、いったん帰宅。



それから、タクシーでS病院救急外来へ。

血液検査と、CTを撮った結果。

盲腸は、腫れてはいない。

憩室炎を起こしています。

大丈夫!薬で抑えましょう。

ただ、盲腸も初期の段階だと、CTに出ない時があるので、用心してください。



やったー!

盲腸でなかった。入院せずに済む!手術しなくて済む!

救急のDrが神々しく見えました。

っと、言う事で、昨夜から、波乱万丈な1日でした。

疲れましたが、なにわともあれ、自宅に帰れた事が嬉しいです。

入院は、コリコリですね〜。

救急外来で、寝ている時に、後ろをパシャり!





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今日も、無事に就労。 | トップ | あなどるなかれ!憩室炎! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。