バルサルバ洞動脈瘤の手術・紫斑性腎炎

これから、バルサルバ洞動脈瘤の手術をする方のお役にたてばと思いブログを立ち上げました。家内が甲状腺癌にかかり今闘病中

開胸手術の前の準備、いろいろ。

2017-05-20 05:05:13 | 心臓手術
おはようございます。

今日も、早起きができました。気分は、ポチポチ。



実は、昨日、ブログ村の私の登録している、「心臓・血管・血液」人気ランキングで

はじめて!はじめて1位になりました。

1回でいいから、1位になってみたいなーっと、言う、私の夢が叶いました。

これも、皆さんお陰です。

皆さんの、「ポチ」のお陰で私の夢が叶いました。

ありがとう、ございます。

これからも、よろしくお願いいたします。





さて、昨日は、術式が決まったところまで書きました。

当時の私は、本当に自覚症状が何もなかったです。

開胸手術をなさった方は、ちょっと動くと息苦しいとか?

色々あられて、それが、手術をすることによって、軽減されるようです。

私は、入院する、前の日まで、お酒を飲んでおりました。

手術をすると、いっときは飲めなくなるだろうなー?

っと、言う事で、前日まで、大好きなお酒を頂いておりました。

流石に、タバコは、手術が決まった時に辞めておりました。

Drから、禁煙をしないと、手術はしない。っと、きつく言われていたものですから?

問答無用で辞めました。

やはり、命がかかっていましたので。



それと、歯の治療を終わらせること。

私は、恥ずかしながら、歯医者が大嫌いで虫歯がありました。

家内から、「歯医者に行きなさい」っと、言われていたのですが?

聞く耳持たずで治療しておりませんでした。

手術が決まってから、歯医者に行ったのですが?

治療に暇がかかる!

そんな、暇はない!

結論は、抜歯!

6本位、有無を言わさず、抜歯。

お蔭で今は、入れ歯のお世話になっております。

常日頃から、歯のメンテナンスをしていたら、入れ歯のお世話になる事もなかったでしょう?

皆さん、いつ何が起こるか、わかりません。

常日頃から、歯医者に行っておきましょう。

いざという時に、自分が苦労します。



今まで、ブログに何回か書いているのですが、

私は、手術が終われば、薬いらず?飛んで走れる。

血圧測定よさらば!

そう、思っておりました。

なんでも、悪いところを取ってしまえば、元気になるじゃないですか?

その感覚です。



術式も、デービット手術と決まり。

入院前に説明がありましたが?

ちんぷんかんぷん。

当時は、ブログなどと言う、知識もなく、能天気に過ごしておりました。



家内と長男が一緒に手術の説明を聞きに行ってくれました。

心臓の手術の知識など全くない私は、家内とDrの言うことを聞くだけでした。

家内は、看護師をしているので、大変な手術なのは、理解していたようです。


歯の抜歯も終わり、

さー、いよいよ、開胸手術です。

続きは、次回に書きます。









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 動脈瘤が見つかった頃のお話。 | トップ | 私の受けた術式はデービッド... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL