としぼ~の湯巡りブログ!

温泉巡り100箇所達成を記念してブログ設立!長野県北信地方を中心とした温泉巡りのレポートを、気ままに綴っていきます!

角間温泉 高島屋旅館

2016-10-16 01:08:32 | 長野県(北信)の温泉
 角間温泉は、湯田中・渋温泉郷にあって中心の温泉街から少し離れた山間にある小規模な温泉地数件の旅館と3軒の共同浴場からなる、隠れ里のような温泉地です。街の真ん中に鎮座する大湯周辺には4軒の温泉旅館があって、越後屋旅館、福島屋旅館には入湯済みなことから、今回は未湯である高島屋旅館に寄ってみることにしました。
 
 高島屋旅館は木造でかなり年季が入った外観で、中に入ってもそれは変わらず古民家に入ったような感覚です。玄関の脇に居間があるようで、声を掛けるとすぐ宿の方が出てきてくれましたが、ちょっと驚いた様子でしたあまり立ち寄り入浴客はこないのかな?
 脱衣所の前には男女共用の洗面所があり、ドライヤーと体重計はそこにあります。今ではあまり見られない構造で、ちょっとここでは体重計は使いづらいような気がしますが・・・。洗面所がない分脱衣所は脱衣スペースのみで狭く、2人でも窮屈そうです。

 
 浴室に入ると、ほのかに潮(磯)臭が香ってきます。これはもう湯に浸かる前からいい湯決定ですね湯の色、味、感触は多少湯が劣化しても残っていることが多いですが、香りはすぐ消えてしまいます。その香りが浴室を満たしているということは、湯が新鮮だということを示しています。温泉は新鮮さこそが命この施設は源泉100%かけ流しのうえ、湯船が小さいので余計新鮮さが際立っています
 
 湯に浸かろうとして足を入れると、結構熱めで、44℃くらいはありそうでした湯船には水の蛇口があって、その上に「入浴できるようになったら水を止めるようにしてください」と書かれた木の札が付けられていました。確かにこの湯温だと入れない人もいると思いますが、私はまずは無加水でということでそのまま入湯。


 
 湯は無色澄明、香りは潮(磯)臭で、味はぎりぎり塩味が感知できました源泉は溶存物質1,087.1mg/kgのナトリウム-塩化物・硫酸塩泉で薄いものだから、味が感知できたのは源泉100%かけ流しで新鮮な湯であるおかげでしょう。あと若干のツルスベ感がありましたが、これは思っていたより少なめな感じ。まあこれについては湯のコンディションだけでなく肌のコンディションも関係するので誤差の範囲です。総じて評価すると、角間温泉らしい、優しいながらもちゃんと個性を発揮しているいい湯で、十分に満足できる湯浴みでした私はかけ流し絶対論者ではないですけど、やはり適切な新湯投入量があるかけ流し浴槽は最高ですこれを一人で独占となればなおさらですね

 この日は用事があったので、後ろ髪を引かれながらも30分ほどの入浴で切り上げました。あとちょっと入っていたい、と思うのはいい湯である証拠。角間温泉の施設はどこでもそう思える湯ではずれがないので、お湯重視の方には満足していただける温泉地だと思います。

人気ブログランキングへ にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ
『長野県』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新穂高温泉 奥飛騨湯菜の宿 ... | トップ | 湯の沢温泉 小川の湯 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
角間温泉いいですね〜 (長野県人)
2016-10-16 18:58:57
こんばんは。何度かコメントさせていただいている長野県人です。
角間温泉いいですよね。何度か越後屋さんと、もう少し上にある自炊もできる宿の角間荘に泊まったことがあります。あの辺りの雰囲気と出汁のような味と香りは最高ですよね。
としぼーさんのブログを読むと、また行きたくなってしまいました(^。^)。
良い記事をありがとうございました。
そうですよね~ (としぼ~)
2016-10-19 00:14:50
 長野県人さん、いつもコメントありがとうございます!
 
 角間温泉で泊まったことがあるんですね、羨ましいです。家から近いんでそういう機会はあまりないですから・・・。

 湯田中渋温泉郷の中では一番ひっそりとしているというか、隠れ家的存在ですが、共同浴場をはじめ各旅館も日帰り入浴を受け入れてくれているし、お気に入りの温泉地の一つです。もっとここの良さが知れ渡ればいいですよね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL