Landscape diary ランスケ・ ダイアリー

ランドスケープ ・ダイアリー。
山の風景、野の風景、街の風景そして心象風景…
視線の先にあるの風景の記憶を綴ります。

トンボの夏/琥珀色のゆらぎ

2017-07-29 | 生き物

 

真夏の真っ当な過ごし方は、天然の涼への逃避行に尽きる。

エアコンの利いた部屋で終日過ごしていると、身体反応が緩慢になってくる。

夏は暑いに決まっている。

外気によって上昇した体温を下げるには、水辺か木蔭の天然の涼が最も自然。

両方を兼ね備えた里山の上流域へ。

昨夏から始めた水辺のトンボ撮影は、とっても涼しい…

市街地から郊外へ出ると、青田を渡る風が吹き抜けてゆく。

住宅密集地のエアコンの室外機が放つ放射熱から解放されるだけで外気温は数℃下がるような気がする。

その上、青々と広がる水田そのものが天然のクーラー。

水田面積の多かった昔は、戸を開け放つだけで真夏でも涼風が吹き抜けていったものだ。

人は便利さと引き換えに、実は快適さを放棄したのではないか?と思えて来る。

トンボ撮影地は蛍の棲息地でもある。

葦の茂みを掻き分け川辺に降りると、そこは真夏のオアシス。

スニーカーとソックスを脱いで裸足を水に浸すと、頭のてっぺんから一気にクールダウン。

葦の茂る小川を遡り、木蔭のミヤマカワトンボの住み処へ。

琥珀色に透ける翅と輝緑色の体色を持つ、水辺の妖精と一日戯れよう(笑)

沢蟹もハグロトンボも水面すれすれを巡行するサナエトンボも葦の葉影に糸を張る蜘蛛も、

みんな、この真夏のオアシスの生命の連鎖。

陽の陰った夕刻まで水辺の小さな宇宙を目を皿にして渉猟した。

 

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひぐらしの音が降ってくる | トップ | 夏の午下がり »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
原点 (misa)
2017-07-30 00:40:12
私たちの年代はエアコンはピアノを置いた客間のみ
自室などは無く、縁側に机を置いて網戸と扇風機でした

30℃を超えると「たまるか、暑い」と言ったものです
そう夏は暑いのが当たり前
でもその暑さと上手く共存していたと思うのです
打ち水、よしず、それこそ足をたらいに浸して
冷えたスイカは何よりのご馳走
種飛ばし競争なんてやったもんです

昨日は一日HomeGroundで過ごしました
霧の立ち込めるセラピーロードでは蜩(ひぐらし)の蝉しぐれにどこか郷愁を感じ
天然のミストを浴びながらヒメユリ咲く高原散歩

天涯の花に逢うため登山道から外れます
じっとりと山の湿気が身体中にまとわりつき
これにはいささか参りました(笑)

無理をせず自分に合った時間を過ごしています
暑い (鬼城)
2017-07-30 07:29:05
我が家の状況は妻が圧迫骨折で動きにくい。
そのため趣味でやっている畑の水やりが、ここ2週間ほど続いています。
蝉の声、ぎらぎらした太陽が恨めしい。
話題にあるように昔の生活は、クーラー、冷蔵庫なしで乗り切っていた。
夏休みは、朝の涼しいときに勉強(しなかったが・・・)。
スイカを冷やすのは井戸が定番でした。
川辺で遊ぶ子どもたちもほとんど居ない。
ランスケさんくらいのものでしょう。(笑い)
川トンボ、沢ガニ・・・涼気を運んでくれました。
写真の玉惚け、美事ですね。
高原の涼 (ランスケ)
2017-07-30 08:23:05
misaさんは、高原の散策で天然の涼を満喫しましたね。
涼しい場所で一日を過ごすと暑い下界に帰りたくなくなりますよね。

夏の暑さは、私たちが子供時代を過ごした頃と比べて、
5℃くらい上昇しているのではないか?と思えてきます。
35℃を超える猛暑日なんて、一夏の内、一度あるかないかでした。
今は普通に何度もありますから。

一番の原因は、気化熱を放射する地面が周囲から消えたことだと思います。
暮らしが便利になり都市化することでヒートアイランド現象が日常化してしまいました。
もう日本の夏はエアコンなしでは暮らせないレベルまで気候条件が変わってしまったようです。
温暖化というより熱帯化ですね(笑)

2020年東京オリンピックを真夏のヒートアイランド都市東京で開催する不可解さが話題になっています。
どうもIOCが広告収入を得たいがためにスポンサーの意向を反映した結果らしいです。
真夏の広告が一番効果的だとか。

オリンピック史上、最も過酷な大会が予想される2020東京開催です。
競技をするアスリートも観客もボランティアも…
熱帯化する日本の夏 (ランスケ)
2017-07-30 08:38:58
鬼城さんは、奥様が骨折ですか。
暑い最中の病気療養は大変です。
快癒されるまで、しばらく辛抱ですね。
母が入院していた夏を思い出します。

そんな暑い最中にも係わらず、和霊様のお祭りは別格なのでしょうね(笑)
鬼城さんを始め、宇和島人の熱気が伝わってきます。

日本の夏が熱帯化したことはmisaさんへの返信で書いた通りです。
確かに川遊びしているのは私くらいかも(笑)
先日のニュースでも海水浴する人が極端に減ったようです。
女性は日焼けを極端に嫌うし、日本の夏は野外で水遊びするには苛酷な環境になったのかもしれません?
哀しいですね…

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL