土曜のランチは、まったりと

我が家では土曜のランチはたいてい外食
長年住んだ池上線から引っ越した
横浜住人のまったりとした土曜のランチをご紹介

萬珍楼本店(中華) みなとみらい線元町中華街駅

2016-09-18 02:13:48 | 横浜
さて、今日は土曜のランチならぬ土曜のディナーです。そのせいで更新も日付が変っちゃいました。今週は女房の誕生日があったので、そのお祝い。どこに行こうかと言うことになりましたが、せっかく横浜に引っ越したんだからと中華街へGO。伺ったのは萬珍楼さん。創業120年以上と言う老舗の有名店です。
        
場所は言わずと知れた横浜中華街。でも、とにかくお店が多いので分かりづらいこともありますが、こちらは比較的わかりやすいですね。みなとみらい線の元町中華街を降りたら1番出口へ。地上へ出てまわりを見回すと中華街東門がすぐ目に入ります。この門をくぐって中華街大通りをまっすぐ行った右側。大きいお店だから見逃すことはまずありません。駅から歩いて5,6分と言ったところですが、改札から1番出口までが結構長いです。土曜の夜だし大賑わい。
        
入口を入るとすぐにダイニングと言うお店も多くありますが、こちらは豪華なロビー。受付で要望を伝えると各フロアに振り分けてくれます。今回は予約して伺ったので、その旨を伝えるとエレベーターで2階のフロアへ。2階は中央に4人掛けの角テーブルが整然と12卓。両端には4,5人が座れそうな丸テーブルが3卓ずつ。バーカウンターもありますが、これはドリンク類の調理用。6時半に入店しましたが、もう半分以上の入りです。フロアの片隅にはグランドピアノがあり、テーブルセッティングも完璧です。
      
今回は予約時にコースをお願いしています。こちらのコースは6種類で\6,000-(税込、以下同様)から\21,000-。\5,000-以下のコースがあるお店も多いし、ロビーの豪華さやシステムを見ても高級店ですね。でも敷居の高さはありません。我々は一番安い如意宴コース\6,000-をお願いしましたが、このときにちょっと注文を。女房が肉はNGなので肉抜きでお願いしましたが快く引受けて下さりました。そのコースを肉抜きにアレンジしたメニューが上の写真の1枚目。これはおそらく我々のためにだけ用意されたもの。サービスも完璧ですね。飲み物のメニュー写真を上にあげていますがこれは一部のみ。もっと多くの酒類が用意されています。
    
まずはキリンフリー\600-とイタリアンブラッドオレンジジュース\600-で乾杯。コースの最初はやっぱり前菜。内容は茹で海老にイカの和え物、クラゲ、茄子、甘酢の蕪とミニトマト。茹で海老と言うと余り味が入っていないものが多いですが、これはきっちり味が入っています。茄子は五香粉の風味でミニトマトはフルーツ系で皮もむかれています。それぞれが異なる味付けで前菜からレベルの高さを見せつけてくれます。
   
次に登場したのは冬瓜のふかひれスープ。冬瓜と言うとトロトロのものを想像しますが、このスープの冬瓜は千切りでシャキシャキしたもの。フカヒレの食感とのコントラストが面白いですね。フカヒレは結構大きいものも入っていて、トッピングはカニ足。豪華です。お味はとっても上品。女房に言わせると完璧な味付けだそうです。京都弁で言うと「まったりとしたお味でおいしおすなあ」と言うところでしょうか。
そして次は海老と黒ミル貝の二種作り。作りと言っても生ではありません。両方共火が通っています。海老の方はエビチリ。このソースが結構ピリ辛でおいしいこと。豆板醤だけではなくタバスコも使っている感じ。ミル貝の方は弾力がありながらもサックリと言う面白い食感ですね。
    
 
次は白身魚とアスパラの香り炒め。白身魚はタラでしょうか。新鮮で塩加減が濃過ぎず薄過ぎずとってもいい塩梅。アスパラもただのあしらいではなくいい味を出しています。
そして帆立貝の柚子ソース。この柚子ソースはお土産などでよくある柚子餡の饅頭を思い出してしまいました。濃厚で甘みがあるのがもうひとつかな。柚子の爽やかさを味わいたかったですね。今日のコースの中では唯一?な感じです。
いよいよコースも終盤で御飯もの。烏賊と茄子のピリ辛あんかけ御飯です。イタリアンで見かけるようなお皿で登場。イカも茄子も柔らかく餡かけの具合もいいですね。ただ私にはピリ辛具合がちょっと物足りないかな。女房にはちょうどいいピリ辛具合だったそうです。
   
いよいよコースも最後のデザートです。チャイナ・スイーツ・デュオと名付けられた内容は杏仁豆腐とマンゴープリン。杏仁豆腐はとっても滑らかで杏仁の風味も爽やか。マンゴープリンはとっても濃厚。最後のデザートを全部食べることは少ない女房ですが完食。コースの最後を締めくくるにふさわしいスイーツです。この頃にはピアノの生演奏も始まって1曲目はオーバー・ザ・レインボー。
バースディー・ディナーを楽しんだ中華街の一夜でした。

店舗情報:
萬珍楼(まんちんろう)本店
神奈川県横浜市中区山下町153
045-681-4004
元町中華街駅1番出口を出たら中華街東門をくぐり中華街大通りへ。まっすぐ行った右側。駅から歩いて5,6分。
『食べ歩き』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 宿場そば 桑名屋(蕎麦) JR横... | トップ | 和幸 ビーンズ保土ヶ谷店(と... »

コメントを投稿

横浜」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。